関連するシリーズ

【ゴールデンウィーク休業期間】
 5月3日(水)~5月7日(日)

休業期間中のインターネットでのご注文は通常通り承っておりますが、
商品発送・お問い合わせ・メール対応・お電話での対応についてはお休みとさせていただきます。
お客様には大変ご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

【休業期間中のお届けについて】
 5月2日(火)以降のご注文分は、5月8日(月)より順次発送いたします。

検索結果一覧 行数:
書誌詳細
近代仏教スタディーズ
仏教からみたもうひとつの近代
大谷栄一、吉永進一、近藤俊太郎編
A5 298頁 2016.04
978-4-8318-5543-5 法蔵館
税込2,484円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
廃仏毀釈などの逆境を乗り超え、常に時代の最先端とリンクし、近代社会に影響を与え続けた「近代仏教」。その歴史と魅力を、歴史学・宗教学・文学・社会学における気鋭の研究者29名が活き活きと描いた、新しい近代史入門。
『近代仏教スタディーズ』刊行を記念して専用サイトを立ち上げました。
http://studies2016.blog.fc2.com/
先生方がすすめる関連書籍を掲載。

目次:
はじめに

第1章 「近代仏教」とは何か?
 第1節 「近代仏教」を定義する
 第2節 日本の近代仏教の特徴とは?
 第3節 「仏教の近代化」とは?
 第4節 「近代化と仏教」の関係とは?
 ちょっと一息① 風刺画にみる近代仏教

第2章 近代日本の仏教史をたどる
 第1節 近代の衝撃と仏教の再編——幕末・維新期
 第2節  新しい仏教 のはじまり——明治期
 第3節 社会活動の展開——大正期
 第4節 戦争協力への道——昭和前期
 ちょっと一息② 文学からみた近代仏教

第3章 よくわかる近代仏教の世界
 第1節 グローバルに展開する
  1 世界中の宗教者が集まった万国宗教会議
  2 海外布教する仏教教団
  3 世界を探検する仏教者たち
  4 来日した海外仏教者たち
  5 仏教交流の場としてのアジア
  6 欧米の仏教ブームとアジアの社会参加仏教
 第2節 学問と大学のなかで発展する
  1 仏教学はどのように成立したのか?
  2 僧侶を育てる大学へ
  3 京都学派のとらえた仏教
 第3節 メディアを活用する
  1 新しいメディアが仏教を変えた!
  2 京都と東京の仏教書出版社
  3 ラジオ説教の時代
 第4節 社会問題に対応する
  1 社会事業に取り組む仏教者たち
  2 部落解放と真宗信仰
  3 教誨師の百年
 第5節 イデオロギーと結びつく
  1 修養と教養を発信する仏教界
  2 戦場のなかの禅
  3 超国家主義にみる仏教
 第6節 新しい方法で実践する
  1 グローバル化する仏教瞑想
  2 坐法と呼吸法のブーム
  3 儀礼の伝統と新しい儀礼
  4 近代化する葬儀
 第7節 他宗教と関係する
  1 キリスト教と出会った仏教
  2 ユニテリアンの与えたインパクト
  3 反宗教運動との衝突、新興類似宗教への批判
  4 戦没者を祭祀する
 ちょっと一息③ 仏教系新聞・雑誌のなかの広告

第4章 近代仏教ナビゲーション
 第1節 初心者のための人脈相関図
  1 西本願寺系――禁酒から改革、そして国際化へ
  2 浩々洞――師、清沢満之との生活
  3 求道学舎――浄土真宗説教師・近角常観の舞台
  4 新仏教運動――体制批判した青年仏教徒たち
  5 国柱会――一世を風靡した日蓮主義のネットワーク
  6 ユニテリアン――近代仏教と深いつながりのキリスト教
  7 明治二〇年代の海外仏教者たち――オカルトワールドと仏教
  8 大正~昭和初期の海外仏教者たち――鈴木大拙夫妻と神智学
  9 哲学館系――明治の新仏教運動の一大拠点
  10 東京帝国大学系――仏教学の誕生
  11 京都帝国大学系――歴史学・民俗学での展開
  12 女性仏教者――信仰に生きた姿
 第2節 初心者のためのブックガイド
  1 近代宗教史研究の必読文献――入口はどこにある?
  2 近代仏教研究の必読文献1――定番といえばまずこれだ!
  3 近代仏教研究の必読文献2――これからどこへ向かうのか?
  4 トランスナショナルな近代仏教史――国境を越える!
  5 精神主義の研究――浩々洞同人たちの信仰
  6 新仏教運動の研究――社会主義者から芸術家まで
  7 近代真宗史の研究――近代仏教研究の中心軸
  8 近代法華・日蓮系の研究――その幅広い影響をつかむ
  9 禅のグローバル化――禅がZENになるとは?
  10 仏教学の形成と展開――大学と仏教の結びつき
  11 近代仏教と戦争――仏教は戦争を肯定したのか?
  12 日本仏教と植民地主義――仏教は植民地で何をしたのか?
  13 近代仏教と社会活動――医療・福祉・差別
  14 近代仏教と民俗――生活のなかの仏教
  15 近代仏教とキリスト教――排斥と対話
  16 近代仏教とジェンダー――女性と家庭
  17 法華系新宗教の研究――法華信仰の伝統と革新
  18 近代仏教の写真集――撮された民間の信仰世界
第3節 初心者のためのリサーチマップ
  1 図書館とアーカイブ――学びと調査のスタートライン
  2 博物館――近代の仏教者の足跡をたずねて
  3 建築物――モダンな仏教のモダンな建物
ちょっと一息④ 近代仏教者たちのポートレート

参考文献一覧
年表
あとがき
索引
執筆者一覧

著者紹介:
『編者』
【大谷栄一】佛教大学社会学部教授。(専門)宗教社会学、近代仏教。
【吉永進一】舞鶴工業高等専門学校教授。(専門)近代仏教、近代秘教思想。
【近藤俊太郎】本願寺史料研究所研究員。(専門)日本仏教史。
『執筆者』
【石原深予(いしはらみよ)】神戸学院大学非常勤講師。
【岩田文昭(いわたふみあき)】大阪教育大学教育学部教授。
【岩田真美(いわたまみ)】龍谷大学文学部講師。
【江島尚俊(えじまなおとし)】田園調布学園大学人間福祉学部助教。
【大澤広嗣(おおさわこうじ)】文化庁文化部宗務課専門職/東洋大学文学部非常勤講師。
【大西克明(おおにしかつあき)】東洋大学東洋学研究所客員研究員。
【碧海寿広(おおみとしひろ)】龍谷大学アジア仏教文化研究センター博士研究員。
【岡田正彦(おかだまさひこ)】天理大学人間学部教授。
【葛西賢太(かさいけんた)】宗教情報センター/上智大学グリーフケア研究所研究員。
【菊地暁(きくちあきら)】京都大学人文科学研究所助教。
【Klautau Orion(クラウタウ オリオン)】東北大学大学院国際文化研究科准教授。
【栗田英彦(くりたひでひこ)】日本学術振興会特別研究員(PD)。
【坂本慎一(さかもとしんいち)】株式会社PHP研究所経営理念研究本部主事。
【繁田真爾(しげたしんじ)】明星学園教諭/早稲田大学現代政治経済研究所特別研究員。
【清水重敦(しみずしげあつ)】京都工芸繊維大学大学院工芸科学研究科准教授。
【谷川穣(たにがわゆたか)】京都大学大学院文学研究科准教授。
【高橋原(たかはしはら)】東北大学大学院文学研究科実践宗教学寄附講座准教授。
【土居浩(どいひろし)】ものつくり大学准教授。
【戸田ディラン ルアーズ(とだ でぃらん るあーず)】研究者。
【中川未来(なかがわみらい)】愛媛大学法文学部講師。
【引野亨輔(ひきのきょうすけ)】千葉大学文学部准教授。
【福島栄寿(ふくしまえいじゅ)】大谷大学文学部准教授。
【藤本頼生(ふじもとよりお)】國學院大學神道文化学部准教授。
【藤森雄介(ふじもりゆうすけ)】淑徳大学国際コミュニケーション学部教授。
【星野靖二(ほしのせいじ)】國學院大學研究開発推進機構日本文化研究所准教授。
【守屋友江(もりやともえ)】阪南大学国際コミュニケーション学部教授。
(本データはこの書籍の刊行当時掲載されていたものです。)

ご注文予定の商品
削除チェック 注文数
商品合計 0-    
荷送料 0-    
代金引換手数料 0-    
お支払い総額 0-    
(消費税 0)    
注文数の設定 ⇒ 〔レジへ進む〕 ⇒ お客様情報入力 ⇒ 〔入力を確認する〕 ⇒ 〔ご注文〕
[ 買い物を続ける ]
前のページに戻って買い物を続けることができます。
[ カートを更新 ]
選択商品の削除
商品一覧左のチェックボックスにチェックし、『カートを更新』ボタンをクリックして下さい。
商品数の変更
商品一覧右の入力ボックスに半角数字を入力し、『カートを更新』ボタンをクリックして下さい。
[ レジへ進む ]
カートに入っている商品の再確認とお客様の情報をご記入いただきます。
【 送料、代引き手数料 】
  荷送料
書籍の合計(税抜) 荷送料(税込)
5,000円以下 300円+税
10,000円以下 500円+税
15,000円未満 800円+税
15,000円以上 無料
  (代金引換で発送になりますので下記の手数料が別途かかります)
商品代金(税抜) 代引手数料(税込)
15,000円未満 300円+税
15,000円以上 無料

お名前と電話番号を入力し
右のボタンを押して下さい
お名前(全角)
ふりがな(全角)
電話番号 (半角数字)
(例:03-1234-5678)
電子メール (半角英数字)
確認用にもう一度入力して下さい。
メールサービス必要 不要
性別男性 女性
郵便番号 (半角数字)   
住所都道府県
市区郡
町村
番地
マンション名
部屋番号等
不在時連絡先名
(任意)

不在時連絡番号
(任意)
メッセージ (任意)

















メールサービス

法藏館書店新着情報をメールにて月初めにお届けしております。  (過去のメールはこちらです)
メールサービスのご利用は無料です。お気軽にご登録ください。

メールアドレスを変更された場合は以前登録されたメールアドレスを解除後、新しいメールアドレスの登録をお願い致します。

以前仏教書総目録刊行会ホームページより書籍をご購入の方やアンケートにお答えくださった方などは、すでに登録されている場合があります。

     

メールサービスの登録

配信を希望されるメールアドレスを記入し、「登録」をクリックしてください。

メールサービスの解除

配信を解除するメールアドレスを記入し、「解除」をクリックしてください。
関連するシリーズを検索 キーワード (3つまで)

書名 著者名 書目ジャンル 出版社 発行年(月) 例 2015 2015.08
商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

個人情報の取り扱いについて
最終更新日:
2017/05/01 10:07:45