【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

子角川ソフィア文庫
ブッダ伝
生涯と思想
中村 元著
文庫 408頁 2015.05
978-4-04-408914-6 KADOKAWA
税込1,080円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
人間ブッダの姿と思想、原始仏典の世界を平明に伝えるブッダ入門の決定版!

煩悩を滅する道をみずから歩み、人々に教え諭したブッダ。出家、悟り、初の説法など生涯の画期となった出来事をたどり、人はいかに生きるべきかを深い慈悲とともに説いたブッダの心を、忠実、平易に伝える。

目次:
第一章 われ一切世間に違わず
 一 真のバラモンとは
 二 祭祀への批判と「道」の表明
 三 われ論争せず
第二章 さとりにいたる道
 一 若き日の悩み
 二 出家
 三 ブッダの苦行
 四 悪魔のささやき
第三章 降魔成道
 一 真理をさとる
 二 さとりとは
 三 梵天勧請
第四章 なにを説法したか
 一 初めて法を説く
 二 初転法輪
 三 伝道の旅
第五章 理法は永遠なり
 一 人間のありよう
 二 苦しみとはなにか
 三 欲部の根源
 四 無常なる存在
第六章 無我と非我
 一 わがものという思い
 二 我ならざるもの(非我)
 三 真の自己を求めて
第七章 慈悲の心とは
 一 慈悲ということば
 二 慈悲とはなにか
 三 慈悲の実践
第八章 善き友、ブッダ
 一 つとめ励む
 二 清浄行
 三 善き友
第九章 「空」と「中道」
 一 空に住す
 二 中道と八正道
第十章 仏弟子たち
 一 在俗信者たち
 二 仏弟子群像
第十一章 生死を超える涅槃
 一 輪廻の超克
 二 解脱への道
 三 灯の消ゆるが如く
第十二章 入滅の時
 一 旅立ち
 二 最後の教え
 三 最後の仏弟子

著者紹介:
1912年、島根県生まれ。東京帝国大学文学部印度哲学梵文学科卒業。東京大学名誉教授、東方学院学院長、比較思想学会名誉会長、学士院会員などを歴任。仏教思想・インド哲学の第一人者。紫綬褒章、文化勲章、勲一等瑞宝章受章。人間ブッダの姿を明らかにするとともに、人類共通の普遍思想を求めて、仏教と西洋思想の比較思想研究を推進。1999年、逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/04/19