【お詫び】
只今、発送が大変混み合っております。在庫がございましても出荷に少々お時間をいただく場合がございますが何卒ご了承ください。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!第4回は12月22日(土)開催。
詳しくは『連続講座』でご検索ください!

【NHKおはよう日本に「お坊さんでスクールカウンセラー」の坂井祐円先生が出演されました】
番組サイトにてご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20181127.html?fbclid=IwAR1PqspCHg2muDYPrPTpQAujZl2Enf57oPrJ1aOv3kCaeJU8MNr0ss-QhGs

書誌詳細

親鸞『西方指南抄』 現代語訳
新井俊一著
B6 304頁 2016.07
978-4-393-16144-9 春秋社
税込2,808円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
『西方指南抄』は最晩年の親鸞聖人の編纂による、法然聖人の法語・書簡・門弟との問答・遺誡を中心とした書である。その価値は未定であるが、『西方指南抄』には往相回向・還相回向、念仏・信心による往生、三願転入、辺地往生・真実報土往生などの原型が法然聖人の言葉の中に現われており、親鸞聖人が主著『教行信証』の根拠として書いたとも言える重要な書であることは疑いない。本書は本邦初の現代語訳を提示する。

目次:
序言
謝辞
解説

『西方指南抄』上(本)
 (一)法然聖人御説法の事
『西方指南抄』上(末)
 (一)(続)法然聖人御説法の事
 (二)公胤の夢告
『西方指南抄』中(本)
 (三)建久九年記
 (四)法然聖人御夢想記 善導の御事
 (五)十七条法語
 (六)法然聖人臨終の行儀
 (七)諸人霊夢記
『西方指南抄』中(末)
 (八)七箇条起請文
 (九)起請 没後二箇条の事
 (一〇)源空聖人私日記
 (一一)三機分別
 (一二)二位の禅尼に答ふる書
 (一三)四箇条問答
『西方指南抄』下(本)
 (一四)実秀の妻に答ふる書
 (一五)実秀に答ふる書
 (一六)正如房へ遣はす書
 (一七)光明房に答ふる書
 (一八)基親の領解
 (一九)基親の追伸・法然聖人の返書
 (二〇)十一箇条問答
 (二一)浄土宗大意
『西方指南抄』下(末)
 (二二)四種往生
 (二三)黒田の聖へ遣す書
 (二四)念仏大意
 (二五)九条殿北政所に答ふる書
 (二六)熊谷入道へ遣す書
 (二七)要義問答
 (二八)津戸三郎に答ふる書

補注
参考文献

著者紹介:
1941年、大阪に生まれる。大阪外国語大学インド語学科卒業。インド・バローダ大学Master of Arts(文学修士・考古学古代史学)。アメリカ・ハワイ大学Ph.D.(哲学博士・歴史学)、龍谷大学文学修士(真宗学)。1989年、相愛女子短期大学教授。2002年、相愛大学人文学部教授。1988‐2011年、龍谷大学非常勤講師(真宗学)。現在、相愛大学名誉教授。(本データは、この書籍の刊行当時に掲載されていたものです。)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/12/14