【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

『教行信証』の書誌学的研究
門川徹真著
A5 196頁 2016.11
978-4-8162-6234-0 永田文昌堂
税込4,104円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
本書は、坂東本・西本願寺本・専修寺本の主要三本のほか、存知・蓮如書写本や佛光寺本にも留意しつつ、諸本間の校異の全容を示し、坂東本の初稿から完成に至るまでの成立過程を明らかにする。

目次:
はじめに

前篇 諸本本文の校異を中心として
 一、諸本の相互関係
 二、専修寺本は初稿本の写本
 三、言曰云の用法区別
 四、坂東本に見る異体字の特色
 五、初稿本、坂東本の成立時期について
 六、諸本校合の結果を受けて
 七、広略二本の前後関係
後篇 諸本訓点の校異を中心として
 一、主要三本に見る訓点の特色
 二、初稿本から改定本への訓点の改定
 三、坂東本に見る墨・朱筆による改定
 四、訓点に見られる敬語について
 五、言曰云の訓点について
 六、『教行信証』中の主要文類二八文について
 
おわりに

付篇 『教行信証』本文及び訓点校異抄出

著者略歴・主要論文

著者紹介:
昭和14年大阪市に生まれる。
昭和37年京都大学文学部国語国文学科卒業。
昭和45年龍谷大学大学院仏教学科博士課程単位取得。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/04/19