◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
ただいま豪雨の影響で全国的に配送遅延が発生しております。
恐れ入りますが、どちらの府県におきましても着日・着時間のご指定を承ることが出来ません。
何卒ご了承下さい。
なお7月8日現在 下記地域への出荷は完全停止しております。
出荷日時の確定が出来ません。ご注文品の出荷完了次第メールにてお知らせいたします。
■出荷停止地域■
 九州以南全域
.


★★ただいまお得なバーゲン開催中!★★
普段店頭に並ばないジャンルや専門書がお買い得です。
画面右のランキング上部にある「お得なバーゲンブック」をクリックしてくださいね!

書誌詳細

子ザ・グレイトブッダ・シンポジウム論集
明治時代の東大寺
近代化がもたらした光と影
GBS実行委員会編
A4 152頁 2019.12
978-4-8318-0717-5 法蔵館
税込2,200円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
時代が明治となって百五十年。一千年以上、奈良や東大寺が育んできた価値観を一変させた宗教の近代化を多角的にとらえた待望の一冊。

目次:
近代仏教史観の見直しと東大寺―正法理念と『金光明最勝王経』に着目して(島薗進)
明治期における神仏分離と修験道(田中利典)
東大寺に残る神仏習合(狹川宗玄)
東大寺を管轄した時代の浄土宗―『教導職要用記』を手がかりとした予備的考察(谷川穣)
文化財写真の資料的意義 ―明治時代の奈良の調査を中心に―(田良島哲)
近代南都と奈良博覧会(黒岩康博)
近世近代移行期の東大寺 ―組織の変遷を中心に―(坂東俊彦)
全体討論会 明治時代の東大寺―近代化がもたらした光と影


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/07/08