◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご了承ください。

書誌詳細

増補 いざなぎ流 祭文と儀礼〈法蔵館文庫〉
斎藤英喜著
文庫 524頁 2019.11
978-4-8318-2601-5 法蔵館
税込1,650円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
高知の民間信仰「いざなぎ流」。祭文・法文・神楽・式王子の儀礼現場を解明し、
陰陽道、民俗信仰研究の現在をアップデートする。

目次:
序章
第一章 「山の神の祭文」の世界――山のものは山へ、川のものは川へ
断章1 病人祈禱と「天刑星の祭文」
第二章 巫神祭祀考――修行する死者霊たち
断章2 神懸かりする神楽
第三章 神楽・祭文・呪術――「御崎様の祭文」と式王子
第四章 「呪詛の祭文」と取り分け儀礼――「法者」の世界へ
第五章 表のなかに裏あり――「天神の祭文」と天神法
〔補論1〕「いざなぎ流」研究史の総括と展望――二〇〇六年まで
〔補論2〕民俗学はいかに〈歴史〉を記述するか――小松和彦著『いざなぎ流の研究――歴史のなかのいざなぎ流太夫――』を読む

祭祀調査一覧
初出一覧
図版一覧
あとがき
計佐清太夫、巫神となる――文庫版あとがきにかえて

著者紹介:
1955年東京生まれ 日本大学文学研究科博士課程満期退学。現在、佛教大学歴史学部教授。専門は神話・伝承学。主な著書に『増補・陰陽道の神々』(思文閣出版)、『陰陽師たちの日本史』(角川選書)、『安倍晴明』(ミネルヴァ書房)他多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/11/20