◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご了承ください。

書誌詳細

正法眼蔵を読む〈法蔵館文庫〉
寺田 透著、林 好雄解説
文庫 592頁 2020.01
978-4-8318-2605-3 法蔵館
税込1,980円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
日本最高の哲学書、道元の『正法眼蔵』はどう読めるのか。
多くの道元論を発表した著者による「語る言葉(パロール)」と「書く言葉(エクリチュール)」による「講読体書き下ろし」の読解書。

目次:
はしがき  
道元略伝  
画餅講読
竜吟講読
都機講読
眼蔵参究の傍
  *
観音講読
古鏡講読
奥書き 
解説 林 好雄

著者紹介:
寺田 透(テラダ トオル)
1915年横浜市に生まれる。東京帝国大学文学部仏文科卒業。フランス文学者、文芸評論家。『芸術の理路 法楽帖1968』で毎日出版文化賞受賞。多くの文芸評論集のほか、道元論も数多い。『寺田透・評論』第一期全7巻、第二期全8巻ほか著書多数。1995年歿。

林 好雄(ハヤシ ヨシオ)
1952年生まれ。東京大学仏文科卒業。駿河台大学教授。著書に『知の教科書デリダ』(共著)、訳書にデリダ『声と現象』ほか多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/01/23