◆店頭営業時間のお知らせ◆
緊急事態宣言解除に伴い、5月27日から実店舗も通常通り営業しております。
ご来店の際はマスク着用、手指消毒のご協力をお願い致します。

 営業時間■午前9時30分時~午後6時■ *日曜は定休日。

書誌詳細

子法蔵館文庫 な1-1
折口信夫の戦後天皇論 〈法蔵館文庫〉
中村 生雄著、三浦 佑之解説
文庫 354頁 2020.05
978-4-8318-2608-4 法蔵館
税込1,430円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
戦後「人間」となった天皇に、折口はいかなる可能性を見出そうとしたのか。
折口学の深淵を解読し、折口理解の新地平を切り拓いた労作。

目次:
第Ⅰ部 折口信夫の戦後天皇論
 1 「女帝考」はなぜ書かれたか
  敗戦の衝撃と象徴天皇制
  〈神の嫁〉というメタファー
  ナカツスメラミコトと宮廷高巫
  「系図につながる神」の否定
 2 日本神道の〈対抗宗教改革〉プラン
  折口信夫の敗戦認識
  「われ神にあらず」
  「天子非即神論」にいたるまで
  「むすび」の神による〈対抗宗教改革〉
  「系図につながる神」とは何か
  神道宗教化のゆくえ

第Ⅱ部 折口古代学の基礎理論
 1 神と精霊の対立というパラダイム
  〈海やまのあひだ〉の旅
  海の神と山の神の交替
  日本の神の系統論の挫折
  神と精霊の対立というパラダイム
  文学・芸能・国家をつらぬく一般理論
  昭和三年の折口古代学
 2 〈神〉観念と〈性〉のメタファー
  〈新嘗の女〉のイメージ
  〈タマヨリヒメ〉から〈神の嫁〉へ
  神と精霊の対立
  精霊の〈性〉の分化
  〈まひびと〉のゆくえ

第Ⅲ部 折口信夫と柳田国男
 1 『古代研究』の成立まで
  「類化性能」と「別化性能」
  柳田賛辞の裏側
  柳田国男からの離脱
  蓋然から生まれる学問
  「新しい国学」の筋立て
  柳田の神道批判と〈新国学〉
 2 〈新国学〉の戦前と戦後
  戦中の柳田国男と折口信夫
  硫黄島の藤井春洋
  『先祖の話』前後
  「働かねばならぬ世」
  「新国学談」と神道のゆくえ
  なぜ〈新国学〉か?
  〈一国民俗学〉のオートマティズム
  失敗した〈新国学〉

第Ⅳ部 終章
 いま折口信夫をどう読むか
  学問におけるスケープゴートづくり
  折口学の〈体系〉は崩壊するのか?
  折口批判において「戦争責任」とは何か?

あとがき
初出一覧
解  説(三浦佑之)

著者紹介:
中村生雄(ナカムライクオ)
1946年静岡県生まれ。京都大学文学部(宗教学専攻)卒業、法政大学大学院修士課程(日本文学専攻)修了。静岡県立大学教授、大阪大学教授、学習院大学教授を歴任。専攻は日本思想・比較宗教。2010年歿。著書に『カミとヒトの精神史:日本仏教の深層構造』(人文書院)、『日本の神と王権』『祭祀と供犠:日本人の自然観・動物観』(以上、法藏館)、『日本人の宗教と動物観:殺生と肉食』(吉川弘文館)、『肉食妻帯考:日本仏教の発生』(青土社)がある。

三浦佑之(ミウラスケユキ)
1946年三重県生まれ。成城大学文芸学部卒業。同大学院博士後期課程単位取得退学。共立女子短期大学、千葉大学、立正大学教授を歴任。現在、千葉大学名誉教授。著書に『村落伝承論』(五柳書院、増補版青土社)、『口語訳古事記 完全版』(文藝春秋、文庫版〈全2巻〉文春文庫)、『古代叙事伝承の研究』(勉誠社)、『古事記を読みなおす』(ちくま新書)、『風土記の世界』(岩波新書)、『出雲神話論』(講談社)など多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/06/02