◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
豪雨の影響で全国的に配送遅延が発生しております。
なお7月31日現在の出荷状況は下記の通りです。
出荷日時の確定が出来ません。ご注文品の出荷完了次第メールでお知らせいたします。
何卒ご了承ください。
■出荷停止地域■
 熊本県:八代市(坂本町西部、深水、中谷、鮎帰、坂本、荒瀬、葉木、鎌瀬、川嶽、中津道、
       市ノ俣)
   球磨郡(球磨村、五木村)
   葦北郡(芦北町大尼田・立川・伏木氏・松生・上原・箙瀬・大岩・海路・黒岩・吉尾・
       白石・告・古石)
■大幅な遅延が予想される地域■
 大分県:由布市(全域) 玖珠郡(全域)
 熊本県:八代市(坂本町西部、深水、中谷、鮎帰、坂本、荒瀬、葉木、鎌瀬、川嶽、中津道、
         市ノ俣以外)
     葦北郡(芦北町大尼田・立川・伏木氏・松生・上原・箙瀬・大岩・海路・黒岩・吉尾・
         白石・告・古石以外)


★★ただいまお得なバーゲン開催中!★★
普段店頭に並ばないジャンルや専門書がお買い得です。
画面右のランキング上部にある「お得なバーゲンブック」をクリックしてくださいね!

書誌詳細

子法蔵館文庫
増補 宗教者ウィトゲンシュタイン
星川啓慈著
文庫 264頁 2020.07
978-4-8318-2612-1 法蔵館
税込1,100円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
ウィトゲンシュタインは「哲学者」か、それとも「宗教者」か?ひとつの孤独な魂が、強靭な理性と「神との和解」のはざまで悩みぬく。新発掘の2つの『日記』等をめぐる考察を縦横にもりこんだ、宗教学からの独創的アプローチ!

目次:
はじめに
文献略号一覧
凡 例

第一章 ウィトゲンシュタインの生涯
一 カトリック様式による埋葬
二 音楽と自殺
三 数学から哲学へ
四 ケンブリッジへ
五 第一次世界大戦の後
六 ふたたび哲学へ、ケンブリッジへ
七 ケンブリッジ大学での講義など
八 最後の日々

第二章 第一次世界大戦とトルストイとの出会い
一 戦場のウィトゲンシュタイン
二 福音書の男
三 『草稿一九一四―一九一六』

第三章 「語りえないもの」としての宗教
一 『論理哲学論考』と「語りえないもの」
二 論理実証主義とウィトゲンシュタイン

第四章 『秘密の日記』にみる『論理哲学論考』の基本的性格の成立
一 『秘密の日記』が書かれた時期とその内容
二 『草稿』にみられる「一九一六年六月一一日」という日付
三 ブルシーロフ攻勢
四 『論考』の基本的性格の決定
五 「語りうるもの」と「語りえないもの」の相補性
六 ふたたび『論考』六・五二二にかえって
七 自らを「示す」神――『論考』の「六・五二二」の解釈

第五章 『哲学宗教日記』にみる「宗教者」ウィトゲンシュタイン
一 「神との和解」
二 変転する魂の記録
三 人は新しい言語ゲームを学ぶ
四 神からの要求と告白
五 絶対的なものを目指す努力
六 光の輝きとともに
七 生の問いは「宗教的な問い」である
八 太陽を待つ
九 「そのあるがままに」
一〇 「神のみがほめたたえられるべし!」

第六章 ユダヤ人意識と同性愛をめぐって
一 ウィトゲンシュタインのユダヤ人意識
二 同性愛

第七章 ウィトゲンシュタインの宗教観
一 「絶対的価値」と「相対的価値」
二 「証拠」の拒否と、生活を「統制する」ものとしての宗教
三 制度としての宗教の批判
四 寛容の精神

終章 自分が「神に対して」語ることと「神について」他人に語ること
一 ウィトゲンシュタインの「矛盾」
二 「矛盾」を解く鍵

むすび

ウィトゲンシュタイン略年譜
宗教者としてのウィトゲンシュタインをさらに知るための読書案内
増補版へのあとがき

著者紹介:
1956年,愛媛県生まれ。1984年,筑波大学大学院哲学・思想研究科博士課程単位取得退学。その後,英国スターリング大学客員研究員。現在,大正大学文学部教授、同大学大学院比較文化専攻長。博士(文学)。専門は,宗教学・宗教哲学。主な著書に,宗教哲学三部作として,『言語ゲームとしての宗教』(勁草書房,1997年),『宗教と〈他〉なるもの言語とリアリティをめぐる考察』(春秋社,2011),『宗教哲学論考ウィトゲンシュタイン・脳科学・シュッツ』(明石書店,2017年)。訳書として,A. キートリー『ウィトゲンシュタイン・文法・神』(法藏館,近刊)など。監修書として『眠れなくなるほど面白い 図解 世界の宗教』(日本文芸社,2020年)。その他,訳書・編著書など多数。1990年,「日本宗教学会賞」受賞。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/08/06