【お詫び】サーバー不具合によりご注文時の自動返信メールが送受信できない可能性がございます。
ご注文のお客様には弊社より別途発送ご連絡メールをお送り致します。
ご心配をお掛けしお詫び申し上げます。


◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
令和2年7月豪雨の影響により下記地域への発送は遅延の可能性がございます。
ご注文品の出荷完了次第メールでお知らせいたします。何卒ご了承ください。
【発送・配送の遅延が予想される地域】
 熊本県(八代市、球磨郡、葦北郡) 大分県(由布市、日田市)

書誌詳細

子法蔵館文庫
信長が見た戦国京都〈法蔵館文庫〉
城塞に囲まれた異貌の都
河内 将芳著
文庫 240頁 2020.09
978-4-8318-2614-5 法蔵館
税込990円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
同時代の史料から、戦国期京都が辿った激動の軌跡を尋ね、都市民らの視線を通して信長と京都の関係を捉え直した斬新な戦国都市論。

目次:
はじめに 「異形」の者たちの上洛

第一章 若き信長と城塞都市京都
1 上京・下京と洛中洛外
信長の「御宿」/裏築地町に寄宿/狭かった中世京都/左京から上京・下京へ/内裏のすぐそばまで麦畑/洛中の範囲/辺土から洛外へ/洛中洛外と上京・下京の関係/中世京都の境界意識/京都七口と関/固定していなかった京都七口
2 惣構に囲まれた上京・下京
京中三分の二が大堀/御構の登場/上京と一体化する御構/進まぬ復興で家は十分の一に/乱後の極度な治安悪化/下京の大焼失/続く上京の大火事/堀・土塁・塀を備えた惣構/境界を明確にした惣構/信長上洛の目的/足利義輝と信長

第二章 自衛・自治する町と町人
1 惣構の中の都市世界
町の成立/裏築地町と両側町/町の釘貫/侍を追い返す/防壁としての町の囲い/町同士の喧嘩/喧嘩を仲裁する集団/地下人とは
2 惣町・町組・町の成立
三好長慶の文書/町組の登場/風流踊から見える町組の実態/町組から個々の町への伝達/町名に宿る歴史/町名を伝える史料/町と町との格差/増える町組/町組は編成されたものか/惣町・町組・町と信長/信長の寄宿地再考

第三章 林立する日蓮宗寺院と信長
1 惣構の一角を占める日蓮宗寺院
『上杉本洛中洛外図屏風』の特徴/天文法華の乱後の復興/日蓮宗寺院を支えた檀徒・信徒/洛中に広がる題目の声/公家・武家社会にも浸透/十六本山会合の成立
2 信長と敵対していなかった日蓮宗寺院
狩野家と洛中勧進/天正四年の洛中勧進/家や町の枠に縛られない個人の信仰/信長対策としての銭千二百貫文/経済力も視野に入れた安土宗論/信長から敵視されなかった日蓮宗寺院

第四章 信長と京都の深い溝
1 足利義昭と再上洛した信長
九年前とは雲泥の差/大騒動に陥った京都/信長の禁制/二手に分かれて入京/京都に拠点を構えない信長/義昭御所造営の意味/信長の宿所/元亀争乱の影響/延暦寺焼き討ちが与えた影響/王法と仏法
2 義昭の謀叛と上京焼き討ち
義昭と信長の関係/反旗をひるがえした義昭/洛外放火/上京焼き討ち/乱妨狼藉の世界/なぜ上京は焼き討ちされたのか/安全を求める下京/泣く子もだまる信長の軍勢

終 章 信長、京都に死す
上京の再興/順調に進んだ再興/惣町・町組・町の結びつき/最後の上洛/御座所本能寺での雑談/蚊帳ばかりつられていた本能寺/京都に死す/信長死後の京都

略年表
参考文献/あとがき/文庫版あとがき

著者紹介:
1963年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。京都大学博士(人間・環境学)。現在、奈良大学文学部教授。主な著書に『中世京都の民衆と社会』(思文閣出版)、『歴史の旅 戦国時代の京都を歩く』(吉川弘文館)、『戦国京都の大路小路』(戎光祥出版)、『宿所の変遷からみる 信長と京都』(淡交社)、『戦国仏教と京都』(法藏館)などがある。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/09/25