【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【ドキュメンタリー映画上映会を開催しました】
10月14日(日) ブラジル移民110年ドキュメンタリ-映画
「TRES JOIAS]トレス・ジョイアス(三宝の意)上映会を開催しました。
ご来場くださった皆様誠にありがとうございました。
映画の詳細は「ブラジル」でご検索ください。

書誌詳細

親新 住岡夜晃選集
住岡夜晃著
四六判 295,306,299,309,294頁 2018.10
978-4-8318-4270-1 法蔵館
税込15,120円
(分売不可)
カートに入れる
 
 
 
 
 
明治~昭和を生きた真宗光明団の創始者、住岡夜晃。真宗光明団創立から死去するまでの31年間の珠玉の文章を収録した決定版。

目次:
第1巻『僧伽の誕生』
  序章   おいたち
  第1章  親しい若い皆様よ
  第2章  生きんとする努力
  第3章  清く生きようとする願い
  第4章  人間性に立脚して
  第5章  使命

  第一巻は、一九一八年(大正七)~一九二三年(大正一二)、二四~二九歳の著作を収録。
 この五年間は小学校に勤務しながら光明団を立ち上げ、やがて法難にあい、辞職。
 弘法のために故郷を出ていった激動の時代です。

第2巻『不退の歩み』
  第1章  いかに生きるか
  第2章  道を求める者の態度
  第3章  親鸞聖人を偲ぶ
  第4章  化城を出でて
  第5章  回向のみ名
  第6章  疑謗を縁として
  第7章  試練の中で

  第二巻は、一九二四年(大正一三)~一九三〇年(昭和五)、三〇~三六歳の著作を収録。
 この時期、僧籍がない者が仏法を語ることへの非難・中傷、長女や父の死など悲しい出来事が続きます。
 個人的苦悩を昇華して、真実に救われていく仏道を身をもって明らかにした文章が胸を打ちます。


第3巻『真実』
  第1章  苦しむ一切の人々へ
  第2章  我が慈父親鸞聖人
  第3章  大乗仏教のこころ
  第4章  浄土真実の宗教
  第5章  念仏者の生活
  第6章  住岡夜晃先生の歩み

  第三巻は、一九三一年(昭和六)~一九三五年(昭和一〇)、三七~四一歳の著作を収録。
  一九三三年に光明団は一五周年を迎え、新本部を建設。
  「学仏道場」として本格的な学びへと力強く歩み出します。
  「如来本願の宗教」を尋ねる思索の日々の文章を収めます。


第4巻『一筋の道』
  第1章  一筋の道
  第2章  正法に忠実なれ
  第3章  回向のみ名
  第4章  信をとらぬによりて悪きぞ
  第5章  如来本願の真意
  第6章  御同朋と共に

  第四巻は、一九三六年(昭和一一)~一九四四年(昭和一九)、四二~五〇歳の著作を収録。
 「汝は大法のために死ね」との心の声を聞いて、誤解や非難の中を歩んだ時期でもありました。
 生涯後半の充実の時期であり、聖教を深く丁寧にいただく獅子吼の歩みが続けられます。


第5巻『仏法ひろまれ』
  第1章  世の中安穏なれ
  第2章  愚者のめざめ
  第3章  念仏者は無碍の一道なり
  第4章  仏心とは大慈悲これなり
  第5章  仏法ひろまれ
  終章   永遠の旅人

  第五巻は、一九四五年(昭和二〇)~一九四九年(昭和二四)、五一歳~亡くなる迄の著作を収録。
 一九四〇年に廃刊となった『光明』誌を一九四八年に再刊。
 真に日本を救うのは正法だけである、念仏だけであるという決意が同朋へ次々と届けられました。

著者紹介:
明治~昭和時代を生きた真宗光明団の創始者。
一八九五年(明治二八)、広島県山県郡原村大字中原(現、山県郡北広島町)生まれ。
広島師範学校を卒業後、広島県内各地の小学校で教師を勤めた。
一九一八年(大正七)、広島県安佐郡飯室村(当時)において近隣の若者に、
狂風の名で「親しい若い皆様よ」を配布。
一九一九年(大正八)機関誌『光明』第一号を発行して光明団を創始。
一九三六年(昭和一一)、名を狂風から夜晃に改める。
住岡夜晃は、仏教を深く研鑽したが、学者や単なる思想家とはならなかった。
後に宗教運動のために教職を追われ宗教家として立つにいたったが、生涯僧籍をもたなかった。
そのため、厳しい圧迫を受け続ける。しかし、決して反発せず、対立せず、また妥協しなかった。
「大法のごとく信じ、大法のごとく生き、いっさいに大法のごとく」を衷心の願いとして、終生、
求道者として、教育者として歩んだ。
一九四九年(昭和二四)満五四歳で亡くなる。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/10/16