【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
維新は教科書通りに語れない!をテーマに、
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!
第2回は11月17日(土)開催。 詳しくは『連続講座』でご検索ください!!

書誌詳細

子龍谷叢書 46
カミとホトケの幕末維新
交錯する宗教世界
岩田真美、桐原健真編
A5 387頁 2018.11
978-4-8318-5555-8 法蔵館
税込2,160円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
時代を彩るキーワードに焦点を当てる。
思想・宗教の側面から幕末維新期を再考。
維新150年を越え、近世と近代の架橋を試みた野心作!

目次:
はじめに(桐原健真)
  コラム 明治百年と一九六八年の宗教界(大澤広嗣)

第Ⅰ部 維新とカミとホトケの語り
 神仏分離研究の視角をめぐって(上野大輔)
  コラム 孔子の変貌――儒学と明治日本(桐原健真)
 日本宗教史学における廃仏毀釈の位相(オリオン・クラウタウ)
  コラム 廃仏毀釈と文化財(碧海寿広)
 「世直し」の再考察
     ――宗教史的観点から――(三浦隆司)
  コラム 宗門檀那請合之掟(朴澤直秀)
 「民衆宗教」は誰を語るのか
     ――「民衆宗教」概念の形成と変容――(青野 誠)
  コラム 維新は迎えられずとも――烏伝神道の断絶と「民衆」(青野 誠)

第Ⅱ部 新たな視座からみた「維新」
 幕末護法論と儒学ネットワーク
     ――真宗僧月性を中心に――(岩田真美)
  コラム 勤王・護法の実践――真言宗の勤王僧(髙橋秀慧)
 排耶と攘夷
     ――幕末宗教思想における後期水戸学の位相――(桐原健真)
  コラム 京坂「切支丹」一件(松金直美)
 維新前後の日蓮宗にみる国家と法華経
     ――小川泰堂を中心に――(ジャクリーン・ストーン)
  コラム 仏教教導職の教化活動(芹口真結子)
 明治維新にみる伊勢神宮
     ――空間的変貌の過程――(ジョン・ブリーン)
  コラム 幕末京都の政治都市化と寺院(髙橋秀慧)

第Ⅲ部 カミとホトケにおける「維新」の射程
 幕末維新期のキリスト教という「困難」(星野靖二)
  コラム 幕末維新のキリスト教伝道(落合建仁)
 幕末/明治前期の仏書出版(引野亨輔)
  コラム 絶対的創造神への批判――釈雲照のキリスト教観①(舩田淳一)
 仏教天文学を学ぶ人のために
     ――佐田介石と幻の京都「梵暦学校」が意味するもの――(谷川 穣)
  コラム 天主とは何者か――釈雲照のキリスト教観②(舩田淳一)
 社寺領上知令の影響
     ――「境内」の明治維新――(林  淳)
  コラム 明治は遠くなりにけり――明治仏教史編纂所のこと(大谷栄一)

 あとがき(岩田真美)
執筆者紹介

著者紹介:
岩田真美(いわた まみ)
1980年生まれ。専攻は真宗学。龍谷大学文学部准教授。
主な論文に「幕末期西本願寺と『仏法護国論』をめぐって――
 月性「護法意見封事」との相違について」(『仏教史学研究』53巻2号、2011年)がある。

桐原健真(きりはら けんしん)
1975年生まれ。専攻は近代日本倫理思想史。金城学院大学教授。
主な著書に『松陰の本棚――幕末志士たちの読書ネットワーク』(吉川弘文館、2016年)がある。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/11/19