【お詫び】
只今、発送が大変混み合っております。在庫がございましても出荷に少々お時間をいただく場合がございますが何卒ご了承ください。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!第4回は12月22日(土)開催。
詳しくは『連続講座』でご検索ください!

【NHKおはよう日本に「お坊さんでスクールカウンセラー」の坂井祐円先生が出演されました】
番組サイトにてご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20181127.html?fbclid=IwAR1PqspCHg2muDYPrPTpQAujZl2Enf57oPrJ1aOv3kCaeJU8MNr0ss-QhGs

書誌詳細

韓国ふしぎ旅
小竹裕一著
四六判 205頁 2018.04
978-4-8318-5648-7 法蔵館
税込1,944円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
立命館アジア太平洋大学で長年教鞭を執ってきた著者。
多くの韓国人学生・教員と触れ合ううちに抱いた韓国・韓国人に対する素朴な疑問を、自らの足で韓国各地を歩きまわることで解き明かす。
「魅惑の都」ソウル、「カオスの都市」釜山、「神々の島」済州島……。旅人として、異邦人として、独自の視点と感性で覗いた韓国を、時には笑い、時には涙。抱腹絶倒の韓国の旅を紹介する。
「魅力あふれる国がすぐお隣にある。それぞれの国を実際に訪れ、相互理解を深めていけば、二十年後、三十年後の日韓関係はすばらしいものになる」と著者は語る。

目次:
プロローグ
第1章「魅惑の都」ソウルへの旅
第2章「儒教のメッカ」安東への旅
第3章「湖南の穀倉地帯」全州への旅
第4章「カオスの都市」釜山への旅
第5章「神々の島」済州島への旅
あとがき

著者紹介:
東京生まれ、早稲田大学法学部卒業。横浜市役所に勤務後、シンガポールの南洋大学に留学。
邦字紙「星日報」に入社し、記者、編集長を歴任。その後、日本語教師をしながら、シンガポールから発言を続ける。
趣味は外国旅行。これまで100回以上海外に足を運ぶ。
現在、立命館アジア太平洋大学客員准教授。専門は日本語教育と異文化コミュニケーション論。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/12/14