◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご了承ください。

書誌詳細

明恵と龍になった女
谷口義介著
四六判 186頁 2019.04
978-4-8318-5649-4 法蔵館
税込1,650円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
京都・高山寺の名僧明恵が描かせた『華厳宗祖師絵伝』(国宝)には、龍になった美女善妙が登場し、高山寺では今も善妙神立像(重文)を祀っている。彼女のルーツを求めて韓国から中国を訪ね、善妙化龍説話が形成されてくる背景を探る。あわせて明恵創建の善妙寺につどった尼たちの信仰の諸相を明らかにする。

目次:
第一章 明恵と比丘尼たち―京都・高山寺―
 栂尾詣で
 阿難塔
 善妙寺の守り神  
 高山寺細見  
 糸野の御前
 春日明神の憑依  
 仮身としての春日明神像  
 二つの神像の比較  
 『華厳宗祖師絵伝』 
 「義湘絵」の材料  
 女弟子から女神へ  
 善妙寺の尼僧たち

第二章 浮石大師義湘―韓国・浮石寺―
 韓国初訪
 清州から栄州へ
 念願の浮石寺に
 善妙尼像
 善妙井
 華厳十刹
 海印寺・石窟庵・仏国寺
 護国のための寺  
 李杜鉉博士の説
 新羅における善妙

第三章 善妙の実像―中国・赤山法華院―
 文登へ  
 円仁の記録から  
 山東半島の新羅人社会  
 赤山法華院  
 「義湘伝」について  
 ロマンスの舞台  
 善妙の実像  
 善妙化龍  
 善妙説話の成立  
 山東半島の善妙廟

第四章 善妙における〈性〉と〈聖〉―ふたたび善妙寺にて―
 善妙遊女説をめぐって  
 「娘子」の両義性  
 小箱のモチーフ  
 「大蛇となりて男を追ふ」  
 道成寺説話  
 〈清僧〉対〈淫女〉の構図
 「仏道の種子」  
 明達と禅恵  
 その後の善妙寺  
 江戸時代の記録
 その後の善妙寺

基本文献
あとがき

著者紹介:
1943年生れ。立命館大学大学院文学研究科(修士課程)修了 博士(文学)。研究分野は東アジア古代史・日中比較文化。(財)滋賀県文化財保護協会をへて、熊本短期大学教授・摂南大学教授を歴任。現在、中国芸文研究会顧問。著書に『中国古代社会史研究』(朋友書店、1988年)、『歴史の霧の中から』(葦書房、1990年)、『逃げる男・追う女―東アジアの説話半月弧』(現代思潮新社、2011年)など。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/11/20