★お盆休みのご案内★

【期間】 8月11日(土)~16日(木)

なお、11日(土)、13日(月)につきましては、書店(店舗)のみ営業いたしております。
インターネット・FAX等の御注文は随時承っておりますが、8月10日(金)正午~のご注文に
つきましては8月17日(金)以降のご対応となります。
休暇期間中、何かとご不便をおかけすることと存じますが何卒ご理解ご了承頂けますよう
お願い申し上げます。


【送料改訂のおしらせ】
・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

天台談義所 成菩提院の歴史
成菩提院史料研究会編
A5 454頁 2018.02
978-4-8318-6239-6 法蔵館
税込7,560円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
現在の滋賀県米原市の旧中山道沿いにあり、京都と東国の交通の要所にあった成菩提院。この寺院には古来、多くの学僧が往来し、文化的な蓄積がなされていた。中世後期には学問寺院として発達し、説法を訓練した談義所の一つでもあった。
仏教は談義所の活動を通じて、広く人々に受容されていくことになる。
本書では成菩提院が収蔵する資料から、中世顕密仏教の知的動向や精神世界が近世に向かって展開していく過程を考察する。

目次:
序文
第一部 通史・伝承編
 一、貞舜と談義所の成立
 二、第二世慶舜と西山流灌室の成立
 三、第三世春海以降の学問と教学
 四、成菩提院伝来聖教にみる寺院ネットワーク
 五、戦国期から信長・秀吉期にかけての成菩提院
 六、近世初期の成菩提院
 七、近世の末寺
 八、兼帯寺院としての成菩提院
 九、六如慈周の活動
 十、豪恕・円体の活動
 十一、幕末・明治初期の動向
 十二、成菩提院の伝承
第二部 文化財編
 一、指定文化財
 二、中世文書
 三、中世聖教
 四、近世文書
 五、近世聖教
第三部 資料編
 一、主要典籍一覧
 二、年中行事
 三、略年表
あとがき


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/08/18