【お詫び】
只今、発送が大変混み合っております。在庫がございましても出荷に少々お時間をいただく場合がございますが何卒ご了承ください。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!第4回は12月22日(土)開催。
詳しくは『連続講座』でご検索ください!

【NHKおはよう日本に「お坊さんでスクールカウンセラー」の坂井祐円先生が出演されました】
番組サイトにてご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20181127.html?fbclid=IwAR1PqspCHg2muDYPrPTpQAujZl2Enf57oPrJ1aOv3kCaeJU8MNr0ss-QhGs

書誌詳細

浄土宗の展開と総本山知恩院
今堀太逸著
A5 475頁 2018.03
978-4-8318-6248-8 法蔵館
税込8,100円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
死が身近にあった前近代、僧侶の言葉には力があった。その教えを信じぬくことで、人々は老病死苦と向かい合い、安らかな死を迎えた。
浄土宗と知恩院の歴史の考察を通して明らかにする、信仰者の目からみた“日本人の仏教史”。

目次:
第Ⅰ部 浄土宗の念仏の展開
 第一章 東大寺再興の念仏勧進と『選択集』
 第二章 一向宗の聖人二人―黒谷源空聖人と愚禿親鸞―
第三章 古代・中世の災害観の変遷と神仏
第Ⅱ部 念仏・『法華経』の信仰と『孝経』―鎌倉仏教の検討課題―
 第一章 法然・日蓮と父母の孝養
 第二章 『平家物語』と神国・孝養・往生
 第三章 『義経記』と念仏・『法華経』―義経・弁慶の最期―
 第四章 室町公家と中陰・年忌
第Ⅲ部 法然廟堂知恩院の興隆
 はじめに―法然と廟堂知恩院―
第一章 戦国期の知恩院
 第二章 徳川家康の知恩院造営
 第三章 将軍秀忠・家光と知恩院
 第四章 将軍家京都菩提所の興隆
第Ⅳ部 知恩院の「近世」―台命住職と役所『日鑑』― 
 第一章 京都菩提所と台命住職
第二章 知恩院役所の勤め方―六役と山役―
 第三章 宝暦六年の災害と檀那寺
 第四章 知恩院の仏名会と御身拭式―日本人の滅罪信仰―
第Ⅴ部 東大寺大仏勧進と法然贈大師号
第一章 大仏再興の勧進と浄土宗の支援
第二章 徳川綱吉・桂昌院と増上寺貞誉了也、贈大師号
付録 知恩院と徳川家関係年表
あとがき
索引

著者紹介:
1950年、大阪府交野市生まれ。佛教大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。博士(文学)。現在、佛教大学歴史学部教授。総本山知恩院史料編纂所編纂員。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/12/14