◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
豪雨の影響で全国的に配送遅延が発生しております。
なお7月31日現在の出荷状況は下記の通りです。
出荷日時の確定が出来ません。ご注文品の出荷完了次第メールでお知らせいたします。
何卒ご了承ください。
■出荷停止地域■
 熊本県:八代市(坂本町西部、深水、中谷、鮎帰、坂本、荒瀬、葉木、鎌瀬、川嶽、中津道、
       市ノ俣)
   球磨郡(球磨村、五木村)
   葦北郡(芦北町大尼田・立川・伏木氏・松生・上原・箙瀬・大岩・海路・黒岩・吉尾・
       白石・告・古石)
■大幅な遅延が予想される地域■
 大分県:由布市(全域) 玖珠郡(全域)
 熊本県:八代市(坂本町西部、深水、中谷、鮎帰、坂本、荒瀬、葉木、鎌瀬、川嶽、中津道、
         市ノ俣以外)
     葦北郡(芦北町大尼田・立川・伏木氏・松生・上原・箙瀬・大岩・海路・黒岩・吉尾・
         白石・告・古石以外)


★★ただいまお得なバーゲン開催中!★★
普段店頭に並ばないジャンルや専門書がお買い得です。
画面右のランキング上部にある「お得なバーゲンブック」をクリックしてくださいね!

書誌詳細

牛頭天王信仰の中世
鈴木耕太郎著
四六判 331頁 2019.07
978-4-8318-6254-9 法蔵館
税込3,850円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
神でも仏でもなく、中世に突如顕われた牛頭天王の謎に満ちた信仰世界を中世神話の視座から読み解き、その深層へと迫る注目の書。




目次:
【目次】
諸言
第一章 牛頭天王信仰をめぐる研究史と本書の課題 
  はじめに 
  第一節 神仏習合論・本地垂迹説から見た牛頭天王信仰
  第二節 牛頭天王信仰に関するテキストの研究
  第三節 テキストから顕われる牛頭天王
  第四節 「中世日本紀」・「中世神話」という視座
  おわりに  

第二章 祇園社祭神の変貌――卜部兼文・一条兼良・吉田兼倶の言説をめぐって
  はじめに  
第一節 祇園社祭神としての牛頭天王とスサノヲ 
  第二節 祇園天神と牛頭天王 
  第三節 変貌するスサノヲ 
  第四節 『釈日本紀』の成立とその意義 
  第五節 『釈日本紀』における祇園社祭神の変貌 
  第六節 『公事根源』に見る祇園社祭神の変貌 
  第七節 『日本書紀纂疏』に見る祇園社祭神の変貌 
  第八節 『神書聞塵』に見る祇園社祭神の変貌 
  おわりに

第三章 「感応」する牛頭天王――『阿娑縛抄』所収「感応寺縁起」を読む
  はじめに
  第一節 テキストから顕われる牛頭天王 
  第二節 「地主神」としての牛頭天王 
  第三節 観音信仰と牛頭天王 
  第四節 「感応寺縁起」における川前天神堂 
  第五節 宗教者・壱演の力 
  第六節 「感応寺縁起」の変貌 
  おわりに

第四章 陰陽道における牛頭天王信仰――中世神話としての『簠簋内伝』
  はじめに
  第一節 暦注書としての『簠簋内伝』
  第二節 牛頭天王と暦神・天道神
  第三節 蘇民将来と暦神・天徳神
  第四節 巨旦大王と暦神・金神
  第五節 「太山府君王の法」から「五節の祭礼」へ
  おわりに

第五章 造り替えられる儀礼と信仰――『牛頭天王御縁起』(「文明本」)の信仰世界
  はじめに 
  第一節 「文明本」の位置づけ
  第二節 語り直され、造り替えられていく儀礼 
  第三節 古端将来への呪咀が意味すること 
  第四節 行疫神としての八王子 
  おわりに
結  語    
  初出一覧  
  あとがき

著者紹介:
1981年、群馬県前橋市生まれ。
2006年、立命館大学文学部人文総合科学インスティテュート総合プログラム卒業。
2017年、立命館大学大学院文学研究科日本文学専修博士後期課程修了。
日本学術振興会特別研究員、京都西山高等学校国語科非常勤講師、京都西山短期大学非常勤講師などを経て、現在、公立大学法人高崎経済大学地域政策学部地域づくり学科講師。
博士(文学)。
共編著に『京都まちかど遺産めぐり』(ナカニシヤ出版)、主な論文に「陰陽道における牛頭天王信仰――「中世神話」としての『簠簋内伝』――」(『京都民俗』36号)、「造り替えられる儀礼と信仰――『牛頭天王御縁起』(文明本)の信仰世界――」(『地域政策研究』21巻1号)、「「感応」する牛頭天王――『阿娑縛抄』所収「感応寺縁起」を読む――」(『日本文学』65巻7号)。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/08/06