◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
豪雨の影響で全国的に配送遅延が発生しております。
なお7月31日現在の出荷状況は下記の通りです。
出荷日時の確定が出来ません。ご注文品の出荷完了次第メールでお知らせいたします。
何卒ご了承ください。
■出荷停止地域■
 熊本県:八代市(坂本町西部、深水、中谷、鮎帰、坂本、荒瀬、葉木、鎌瀬、川嶽、中津道、
       市ノ俣)
   球磨郡(球磨村、五木村)
   葦北郡(芦北町大尼田・立川・伏木氏・松生・上原・箙瀬・大岩・海路・黒岩・吉尾・
       白石・告・古石)
■大幅な遅延が予想される地域■
 大分県:由布市(全域) 玖珠郡(全域)
 熊本県:八代市(坂本町西部、深水、中谷、鮎帰、坂本、荒瀬、葉木、鎌瀬、川嶽、中津道、
         市ノ俣以外)
     葦北郡(芦北町大尼田・立川・伏木氏・松生・上原・箙瀬・大岩・海路・黒岩・吉尾・
         白石・告・古石以外)


★★ただいまお得なバーゲン開催中!★★
普段店頭に並ばないジャンルや専門書がお買い得です。
画面右のランキング上部にある「お得なバーゲンブック」をクリックしてくださいね!

書誌詳細

本願寺教如教団形成史論
大桑 斉編著
A5 379頁 2020.06
978-4-8318-6258-7 法蔵館
税込7,700円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
大量の消息類を発給し、新たに真宗寺院を生み出すことで教団構造を編成した教如。その変革者としての知られざる姿を描きだす。

目次:
発記

第一章 教如教団の形成
    ―下付御影の検討から―
 第一節 御影論  
 第二節 御影下付  
 第三節 教団編成  
 第四節 教如教団の道場と寺院  
 第五節 教如消息の講と寺坊  
 第六節 御坊創建と等身御影  
 第七節 金沢御坊の再興と等身御影  
 結びにかえて―教如教団の歴史的性格
 教如下付御影一覧  

第二章 教如教団形成における戦乱と開拓
    ―越後蒲原平野での教団形成― 
 はじめに
 第一節 越後蒲原地区の教如下付物と所蔵寺院
 第二節 信州から蒲原平野への移住  
 第三節 蒲原への展開と講組織
 第四節 教如の越後下向の試み
 第五節 天正十年北信一揆
 第六節 笠原本誓寺の関わり  
 第七節 開発と真宗門徒の勤労の倫理

第三章 本願寺教如の救済論
    ―消息・証判御文・掛幅の思想史的検討―                  
 はじめに
 第一節 消息における救済論
 第二節 教如証判御文の救済論  
 第三節 教如下付聖教抜書掛幅類における救済論

付論1 東西分派論序説
    ―天正末~文禄期における教団変革の視角から―                  
 第一節 地方有力寺院の自立
 第二節 検地への対応
 第三節 豊臣政権と教如

付論2 真宗寺院成立史試論
 序 問題の所在―真宗において寺院とは
 第一節 本願寺の成立
 第二節 一般寺院の成立
 小 括

付論3 教如九州下向史料の検討
    ―関白政権と本願寺―      
 はじめに
 第一節 天正十三年の雑賀陣見舞と北国下向
     ―九州下向の前提
 第二節 天正十五年往路中国路
 第三節 天正十五年往路九州路
 第四節 天正十五年復路九州路
 第五節 天正十五年復路山陰路
 第六節 天正二十年名護屋下向

[資料編]
教如上人消息一覧(修正版)……川端 泰幸
 はじめに
 第一節 教如の生涯と教如研究の意義 
 第二節 教如上人消息一覧凡例
 第三節 教如上人消息一覧 
 
あとがき

著者紹介:
1937年金沢市生まれ。1960年金沢大学法文学部史学科卒業、1967年大谷大学大学院博士課程満期退学。1969年大谷大学文学部助手、1974年同専任講師、1979年同助教授を経て、1984年同教授、2003年退職、大谷大学名誉教授。2020年逝去。
主著、『寺檀の思想』(教育社歴史新書、1979年)、『日本近世の思想と仏教』(法藏館、1989年)、『戦国期宗教思想史と蓮如』(法藏館、2006年)、『教如 東本願寺への道』(法藏館、2013年)、『民衆仏教思想史論』(ぺりかん社、2013年)、『近世の王権と仏教』(思文閣出版、2015年)、『江戸 真宗門徒の生と死』(方丈堂出版、2019年)など多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/08/06