【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

秘密集会タントラ概論
平岡宏一著
A5 256頁 2018.03
978-4-8318-6370-6 法蔵館
税込3,456円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
チベット密教の最奥義であり、無上瑜伽の中でも「一切のタントラの王」とも称される『秘密集会タントラ』。
本書がテキストにした、通称『秘密集会タントラ概論』(サ・ラム)は、ゲルク派僧が密教を学ぶために必ず読む密教入門書で、本邦初訳。
外国人として初めてギュメ寺で灌頂を受けた著者が、ギュメ寺99世管長ロサン・ガンワン師から伝授された講義に基づき丁寧な注釈をほどこした。
ダライ・ラマ14世の修行の根幹をなす秘密集会の核心に迫り、チベット密教の即身成仏への道を明らかにする。チベット密教のみならず、日本に伝わった密教を学ぶ人にも、必読の書。

目次:
口 絵
解 説
 引用文献の略称名と正式名称
 本書解説に用いた主な注釈書の概要
 参考文献

【訳 注】
吉祥秘密集会聖者流と随順する密教の〔十〕地・〔五〕道の構造の妙徳なる善説の桟橋
(ヤンチェン・ガロ著/ギュメ・ケンスル・リンポーチェ ロサン・ガンワン師講伝、平岡宏一訳註)

本 論
Ⅰ 目次
【1】道の進み方
【1・1】一般的な説明
  (1)桟橋
  (2)過去仏を含め?密教を説くのは?釈尊を含めごくわずかなのか?
  (3)乱れた濁世と?秘密集会?伝承の伝説
  (4)仏地の四極清浄
  (5)直弟子ガンワン・パルデンによる批判
  (6)秘密集会タントラ?に説かれる五種類の人材

【1・2】無上〔瑜伽〕の道の二次第の進み方を別立てで説明すること
 【1・2・1】生起次第
 【1・2・1・1】生起次第の定義
  (7)心と風の関係
  (8)輪廻の構造(生・死・中有)を利用して成仏過程を観想する
  (9)わざわざ〝部類に属する〟という理由

 【1・2・1・2】生起次第の分類
 【1・2・1・3】生起次第の語義釈
 【1・2・1・4】生起次第を成満したかどうかの目安
  (10)生起次第の観想領域について
  (11)〝智慧に対しわずかに力を得た者〟とは何者か?
 【1・2・1・5】生起次第から究竟次第への移行方法の説明
  (12)楽・空・楽空無別の智慧に関して

 【1・2・2】究竟次第
 【1・2・2・1】究竟次第の定義
 【1・2・2・2】究竟次第の分類
 【1・2・2・3】究竟次第の語義釈
 【1・2・2・4】下の次第から上の次第へと進む方法
 〇定寂身について
 〇定寂身の語義釈
  (13)凡庸なる顕現や凡庸なものと捉える認識について
  (14)究竟次第の入り口――定寂身について
  (15)生起次第の定寂身と究竟次第の定寂身はどう違うのか?
 〇定寂語について
 【1・2・2・4・1】定寂身から定寂語への移行
 〇定寂語の語義釈

  (16)調息――中央脈管深くに風を入れる方便
   【胸における真言の滴の観想】
   【眉間における光の滴の観想】
   【秘処における物質の滴の観想】
 〇定寂心について

 【1・2・2・4・2】定寂語から定寂心への移行
  (17)全身の節々まで行き渡る意識の乗物、遍満風と金剛念誦
  (18)成就法の女性のパートナー――羯磨印と智印
  (19)羯磨印と性的瑜伽を実践するタイミング
 〇定寂心の語義釈
  (20)定寂心の段階での楽空無別の智慧(譬えの光明)と勝義の光明の違い
  (21)死ぬ時とそっくりそのままのヴィジョンが定寂心から生じるのはなぜか
  (22)死ぬ際のヴィジョンの類似型と典型
  (23)三智と三空の関係――三空の〝空〟は空性を必ずしもさすものではない
  (24)消滅の瞑想――塊取と随滅
 〇幻身について

 【1・2・2・4・3】定寂心から幻身への移行方法
  (25)質料因とは何か?
  (26)幻身を起こす場所――内起と外起
  (27)幻身成就のタイミング
 〇幻身の語義釈
  (28)幻身を示す十二の譬え
  (29)幻身を考えるだけで功徳があること
 〇勝義の光明について
  【1・2・2・4・4】幻身から勝義の光明への移行方法
  (30)不浄の幻身消滅の理由について
 〇勝義の光明の語義釈
  (31)勝義の光明の功徳
  (32)ゲルク派密教寺院での問答のテーマの代表作
  (33)釈尊の成仏
  (34)夜半に勝義の光明に入ったまま悟りを実現できるのか?
 〇双入について

 【1・2・2・4・5】第四次第の光明から有学の双入に移行する方法
 〇通達の双入に移行する基準
  (35)双入とは何か
  (36)自在の八功徳
  (37)功徳の八自在
  (38)三行の際の周辺のこと(1)――建物
  (39)三行の際の周辺のこと(2)――仮面や衣装を着ける目的
  (40)有戯論と無戯論の行の違い
  (41)三行の究極〝甚だしい無戯論〟の成就者の資格
 〇成仏について

 【1・2・2・5】仏果を実現する方法
  (42)和合七支
  (43)瓶灌頂によって成就するとされる変化身は本当に〝変化身〟か

 【2・1】タントラと註釈に説かれた方法
  (44)第十地の〝仏地〟は、〝仏地〟と命名されているが、まだ菩薩の境地であると示す典拠
 【2・2】要略して示したもの
 〇十地に関して
 〇十一地に関して
 〇十二地に関して
 〇十三地に関して
 〇十四地に関して
 〇十五地と十六地について
 〇十地と二次第を代替の点から結びつける方法
 〇二つの道次第を本性の点から五道に設定する方法
ヤンチェン・ガロによるあとがき
  
【影 印】
吉祥秘密集会聖者流と随順する密教の〔十〕地・〔五〕道の構造の妙徳なる善説の桟橋(ヤンチェン・ガロ著/平岡宏一所蔵本)

あとがき

著者紹介:
一九六一年生まれ。高野山大学博士課程(密教学専攻)単位取得退学。
一九八八~八九年、ギュメ密教学堂留学。
外国人として初めて、ギュメ寺よりCERTIFICATE(正式に伝授されたことを示す証明書)を受ける。
現在、清風高等学校・中学校校長、種智院大学客員教授。
ダライ・ラマ十四世による灌頂の際の通訳を多数行う。
【主な伝授】
ギュメ寺99世管長のロサン・ガンワン師より『秘密集会タントラ概論』『ゲルク派版チベット死者の書』
『五次第の心髄』『生起次第の心髄』『五次第の赤註覚書』『五次第を明らかにする灯明』
『生起次第の悉地の海』『チッタマニターラ二次第註』『ティカ』『ヤマーンタカ一尊の二次第註』ほか
ドルジェ・タシ師、ガンワン・フントゥプ師、ロサン・デレ師、テンパ・ゲルツェン師からも、多数の伝授を受ける。
【主な共著書】
『ゲルク派版死者の書』(学研)、立川武蔵・頼富本宏編『チベット密教』(春秋社)、
『須弥山の仏教世界 チベット』(佼成出版)、森雅秀編『アジアの灌頂儀礼』(法藏館)ほか。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/06/25