◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
ただいま豪雨の影響で全国的に配送遅延が発生しております。
恐れ入りますが、どちらの府県におきましても着日・着時間のご指定を承ることが出来ません。
何卒ご了承下さい。
なお7月8日現在 下記地域への出荷は完全停止しております。
出荷日時の確定が出来ません。ご注文品の出荷完了次第メールにてお知らせいたします。
■出荷停止地域■
 九州以南全域
.


★★ただいまお得なバーゲン開催中!★★
普段店頭に並ばないジャンルや専門書がお買い得です。
画面右のランキング上部にある「お得なバーゲンブック」をクリックしてくださいね!

書誌詳細

子龍谷大学アジア仏教文化研究叢書 13
日本仏教と論義
楠 淳證、野呂 靖、亀山隆彦編
A5 624頁 2020.03
978-4-8318-6380-5 法蔵館
税込8,250円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
ダイアローグにより紡ぎ出される教理と実践である「論義」。
21名の研究者による最先端研究が日本仏教で展開した教理問答の構想と思想的・文化的な意義を浮き彫りにする。

目次:
序 文(楠 淳證)

第一部 法相・華厳の論義

法相論義と仏道――『成唯識論同学鈔』に見る不成仏種姓の会通――  (楠 淳證)
法相論義「真報主」と源信〈唐決〉――輪廻の主体をめぐる二大宗間の一大諍論――  (西山良慶)
因明論義の形成と展開――善珠における論証主題(宗pakṣa)・根拠(因hetu)・喩例(喩 dṛṣṭānta)の三支を中心として――  (後藤康夫)
因明論義「有為相量」について  (蜷川祥美)
日本華厳における龍女成仏義  (高田 悠)
高山寺所蔵『三生成道料簡』について――附・翻刻――  (野呂 靖)

第二部 天台・真言の論義

天台論義の基礎と文献  (藤平寛田)
自受用身に関する天台論義から見えるもの (大久保良峻)
天台の論義書と談義書――『法華経』『三大部』を中心に――  (渡辺真理子)
宗性筆『法華文句第五巻抄』について  (松本知己)
論義の歴史と真言宗  (苫米地誠一)
東密の論義――新義の論義を中心に――  (別所弘淳)
東密論義と南都教学――三論宗との関係を中心に――  (田戸大智)
中世東寺の教学と「論義」  (亀山隆彦)

第三部 論義と諸文化

論義と宗論の文化史――宗教テクストの母胎(マトリックス)としての論義――  (阿部泰郎)
論義についてかたる南都の伝承――維摩会と『春日権現験記絵』との相関――  (近本謙介)
諸宗を語る天狗と八幡――その由縁と背景的要因をめぐって――  (山口眞琴)
仏教文化としての相論資料――『恩覚奏状』を中心として――  (三好俊徳)
論義の芸能とその展開  (石井公成)
江戸時代初期の御前論義の諸相  (ラポー・ガエタン)
十三世紀日本における戒律復興の異なる解釈  (ポール・グローナー〈亀山隆彦訳〉)

編集後記  (野呂 靖)
執筆者紹介
龍谷大学アジア仏教文化研究叢書13 刊行の辞  (楠 淳證)

Different Interpretations on the Revival of the Vinaya in Thirteenth Century Japan  (Paul GRONER)

著者紹介:
楠 淳證(クスノキ ジュンショウ)
1956年生まれ、兵庫県出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業、龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。龍谷大学専任講師、助教授を経て、現在、龍谷大学文学部教授、龍谷大学アジア仏教文化研究センター長。専門は仏教学、唯識教学。著書に『心要鈔講読』(永田文昌堂、2010年)、『貞慶撰-唯識論尋思鈔.の研究仏道篇』(法藏館、2019年)のほか、編著に『南都学・北嶺学の世界法会と仏道』(法藏館、2016年)、『蔵俊撰-仏性論文集.の研究』(共編、法藏館、2019年)などがある。

野呂 靖(ノロ セイ)
1979年生まれ、大阪府出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業、龍谷大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。浄土真宗本願寺派総合研究所研究員、龍谷大学専任講師等を経て、現在、龍谷大学文学部准教授。専門は日本仏教、華厳教学。著書に『明恵上人夢記訳注』(共著、勉誠出版、2015年)などがある。

亀山 隆彦(カメヤマ タカヒコ)
1979年生まれ、奈良県出身。香川大学経済学部卒業、龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程修了。博士(文学)。米国仏教大学院博士研究員を経て、現在、龍谷大学非常勤講師、龍谷大学アジア仏教文化研究センター博士研究員。専門は日本仏教、真言密教。著書に『中世禅籍叢刊別巻中世禅への新視角-中世禅籍叢刊.が開く世界』(共著、臨川書店、2019年)などがある。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/07/08