【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
維新は教科書通りに語れない!をテーマに、
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!
第2回は11月17日(土)開催。 詳しくは『連続講座』でご検索ください!!

書誌詳細

子龍谷大学アジア仏教文化研究センター文化講演会シリーズ 2
「世界」へのまなざし 最古の世界地図から南方熊楠・大谷光瑞へ
三谷真澄編
四六判 113頁 2017.12
978-4-8318-6431-4 法蔵館
税込1,404円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
「世界」の見方に迫った講演録。

現存最古の世界地図『混一図』が語る「世界」
欧州に学んだ知の巨人・南方熊楠の目に映ったアジア
宗教者にして農業家の大谷光瑞が抱いた世界像

共通するのは、仏教からの“世界”へのまなざし

==============
……「世界」とは、地図上の地理的世界にとどまらず、自己の認識する空間として考えることができます。世界は、それを認識する人の知識や経験によって狭くも広くもなります。龍谷大学所蔵の『混一疆理歴代国都之図』は、まぎれもなく、十五世紀の人々の世界観を表現しています。その世界認識は現代の私たちに何を語るのでしょうか。
希代の博物学者・南方熊楠(一八六七―一九四一)は、若き日に欧州に遊びましたが、その目には世界、特に自分の生まれ育った「アジア」はどのように映っていたのでしょうか。
また、同時代に生まれ、大谷探検隊を派遣したことで有名な大谷光瑞(一八七六―一九四八)は、仏教者・教育者・研究者・探検家・著述家等々、枚挙に暇のないほどさまざまな分野に広く深い知識をそなえて、時代に足跡を残しました。その視野にはどのような世界像が開けていたのでしょうか。
この講演録では、世界認識を示す古地図から、ある時代に生きた二人の人物の世界認識、世界像について、専門分野の研究を通して迫っていきます。
(「はじめに」より)
==============

龍谷大学アジア仏教センター
文化講演会シリーズ2


◎好評既刊
龍谷大学アジア仏教センター文化講演会シリーズ1
楠淳證[編]『回峰行と修験道――聖地に受け継がれし伝灯の行』(2016年10月、1,404円)

目次:
はじめに(三谷真澄)

最古の世界地図『混一図』から見る「世界」(村岡 倫)
一 龍谷大学所蔵『混一図』の概要
二 日本はなぜ逆さまに描かれているのか
三 『混一図』に描かれる交易路から見える「世界」
四 仏教における世界認識の研究に向けて

南方熊楠とアジア(松居竜五)
はじめに
一 幼少期に愛読した和漢の書物
二 『和漢三才図会』から広がる世界
三 渡米以降の中国人との交遊
四 チベットに向けるまなざし
五 「ロンドン抜書」の中のアジア
六 「ロンドン抜書」から「十二支考」へ

大谷光瑞の世界認識(三谷真澄)
はじめに
一 大谷光瑞とは
二 大谷光瑞の事跡
三 大谷探検隊とは
四 大谷光瑞と農業
五 大谷光瑞の世界認識
おわりに

著者紹介:
1961 年、広島県生まれ。龍谷大学国際学部教授。専門は仏教文化学、古写本学。著書に『大谷光瑞のトルコでの動向―「仏教」と「農業」のあいだ』(ヤマンラール水野美奈子との共編、龍谷大学国際社会文化研究所研究成果報告書、龍谷大学国際社会文化研究所、2016 年)、『仏教の来た道―シルクロード探検の旅』共著、龍谷大学龍谷ミュージアム・読売新聞社、2012 年)、『文化交流のエリアスタディーズ―日本につながる文化の道』共著、松原広志ほか編、ミネルヴァ書房、2011 年)、『大谷光瑞とアジア―知られざるアジア主義者の軌跡』共著、柴田幹夫編、勉誠出版、2010 年)など多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/11/19