◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご理解、ご了承くださいますようお願い致します。

書誌詳細

子龍谷大学アジア仏教文化研究センター 文化講演会シリーズ 3
修二会 お水取りと花会式
聖地に受け継がれし伝灯の法会
楠淳證編著、狹川普文著、加藤朝胤著
四六判 118頁 2020.01
978-4-8318-6432-1 法蔵館
税込1,430円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
お水取り、花会式として奈良で親しまれる東大寺と薬師寺の修二会。その知られざる世界を東大寺の狹川管長、薬師寺の加藤管主、仏教学者の楠氏がやさしく解き明かします。

目次:
序 辞(龍谷大学文学部教授 楠 淳證)

奈良時代から続く不退の行法――東大寺修二会の世界(華厳宗管長・第二二三世東大寺別当 狹川 普文)
一 はじめに
二 東大寺と法会
三 二月堂修二会の成立とその勤修
四 むすび 

修二会花会式――薬師寺の伝灯法会――(法相宗大本山薬師寺管主 加藤 朝胤)
一 はじめに
二 修二会花会式のお供え
三 悔過ということ
四 修二会花会式での悔過
五 お写経も行
六 むすび

南都の法会――仏に成る道――(龍谷大学文学部教授 楠 淳證)
一 はじめに
二 悔過の意義
三 論義の意義
四 説戒の意義
五 講会と講式
六 講式に見られる貞慶の諸信仰
七 臨終正念と臨終来迎
八 むすび

著者紹介:
楠 淳證(クスノキ ジュンショウ)
1956年、兵庫県生まれ。龍谷大学文学部仏教学科卒業、龍谷大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学、龍谷大学専任講師、助教授を経て、現在、龍谷大学文学部教授、アジア仏教文化研究センター長。専門は仏教学、特に唯識教学。著書『唯識―こころの仏教』(編著、自照社出版)、『心要鈔講読』(単著、永田文昌堂)、『暮らしに生かす唯識』(単著、探究社)、『回峰行と修験道―聖地に受け継がれし伝灯の行』(龍谷大学アジア仏教文化研究センター文化講演会シリーズ1、編集、法藏館、2016 年)『南都学・北嶺学の世界―法会と仏道』(龍谷大学アジア仏教文化研究叢書6、編著、法蔵館)、『蔵俊撰『仏性論文集』 の研究』(龍谷大学アジア仏教文化研究叢書7、共編著、法藏館)、『貞慶撰『唯識論尋思鈔』の研究―仏道篇』(単著、法藏館)など。

狹川 普文(サガワ フモン)
1951年、奈良県生まれ。63年、得度。75年、龍谷大学文学研究科修士課程仏教学専攻修了。75年、四度加行満行。77年、修二会新入、以来2015年まで30回参籠。2010年、東大寺執事長。16年5月、華厳宗管長・第222世東大寺別当就任。19年5月、再任されて現在、華厳宗管長・第223世東大寺別当就任。東大寺塔頭北林院住職。著書『東大寺―境内の四季と小さな命たち』(共著、ネイチュアエンタープライズ)など。

加藤 朝胤(カトウ チョウイン)
1949年、愛知県生まれ。23歳で入山し、高田好胤和上に師事。日本大学法学部卒業。龍谷大学文学部仏教学科卒業。法相宗薬師寺教務執事、財務執事、執事長、法相宗宗務長を歴任。現在、薬師寺管主・まほろば塾塾長、薬師寺宝物管理研究所主任研究員。著書『自由な心になれる 般若心経エッセイ』、『今あるものに気づきなさい』『ラク~に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経』(いずれも共著、リベラル社)など。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/04/02