◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご理解、ご了承くださいますようお願い致します。

書誌詳細

子龍谷大学アジア仏教文化研究センター文化講演会シリーズ 4
比叡山の仏教と植生
道元徹心編
四六判 208頁 2020.03
978-4-8318-6433-8 法蔵館
税込1,650円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
比叡山は「日本仏教の母山」と呼ばれ、伝教大師の教えと共に類い希な植生が守り伝えられている。その歴史・思想また現状を報告する。

目次:
はじめに  (龍谷大学理工学部教授 道元徹心)

比叡山の森――伝教大師 衣の森――  (延暦寺一山無量院住職 礒村良定)
一 はじめに
二 修行の山
三 近世における山林経営
四 比叡山の森林管理の現状
五 まとめ

辰張忌考――比叡山の山林を巡る明治時代の行政裁判について――  (天台宗典編纂所編輯員 吉田慈順)
一 辰張忌とは
二 辰張忌の実際と社寺領上知令
三 村田寂順師と大隈重信氏の邂逅
四 国有土地森林原野下戻法と行政裁判
五 おわりに

比叡山の森林施業――大師の森を守る――  (延暦寺一山松寿院住職 武 円超)
一 比叡山の山林
二 山林をとりまく環境変化
三 山林のゾーニング
四 最近の活動
五 大師の森を守る

比叡森林継承プロジェクトが持つ可能性  (龍谷大学非常勤講師 村上明也)
一 比叡森林継承プロジェクトとは
二 比叡森林継承プロジェクトと地球環境問題
三 環境保護と宗教
四 草木成仏説と環境保護

比叡山の山修山学の理念と継承  (龍谷大学理工学部教授 道元徹心)
一 はじめに
二 山修山学について
三 元亀の法難と再興
四 相応和尚から続く葛川の滝と森と修行
五 主伐と植樹
六 むすび

比叡山の生物自然誌――山林修行の場における生態復元にむけて――  (龍谷大学元教授 土屋和三)
一 はじめに
二 本草学から博物学への移行期の記録から
三 絵図・文献から探る植生の歴史的変遷
四 比叡山の延暦寺領の原植生の推定とその変容
五 天梯権現山と元三大師御廟の現状と生態復元について
六 比叡山の自然再生・創成への助走
七 将来の森の在り方への提言

著者紹介:
道元 徹心(ミチモト テッシン)
1959年生まれ、兵庫県出身。龍谷大学文学部仏教学科卒業、龍谷大学大学院文学研究科博士課程仏教学専攻単位取得満期退学。龍谷大学文学部准教授、同理工学部准教授等をへて、現在、理工学部教授、同大学図書館長。専門は天台学・叡山浄土教。
主な著書に『天台――比叡に響く仏の声』(編著、自照社出版、2012年)があるほか、論文に「ハーバード大学所蔵『真如観』の検出について」(『龍谷大学論集』第471号)、「ハーバード大学燕京図書館所蔵『顕密即身成佛考』について」(『龍谷大学論集』第474・475合併号)などがある。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/04/02