【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
維新は教科書通りに語れない!をテーマに、
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!
第2回は11月17日(土)開催。 詳しくは『連続講座』でご検索ください!!

書誌詳細

【名著復刊】朝鮮日々記を読む
真宗僧が見た秀吉の朝鮮侵略
朝鮮日々記研究会編
A5 393頁 2017.11
978-4-8318-6551-9 法蔵館
税込8,100円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
戦国末期を代表する戦場日記「朝鮮日々記」。その全文翻刻と詳細な頭註・補註、および気鋭の研究者による書き下ろし論考9編を収録。新視点から慶長の役の全体像を問い直す注目の書が待望の復刊。

目次:
序 『朝鮮日々記』の魅力
  丁酉・慶長の役戦場と太田一吉軍戦跡図
Ⅰ『朝鮮日々記』本文
  朝鮮日々記
  補註
  頭註・補註関係文献一覧
Ⅱ『朝鮮日々記』と慶念
  『朝鮮日々記』の諸本
  慶念の生涯と文化的素養
Ⅲ『朝鮮日々記』を読む
  丁酉・慶長の役戦場と慶念―『朝鮮記』と対比して
  慶念の系譜を探る―豊後・日向・三河
  善知識と「あさまし」の思想
  「うき世」から「ミやこ」への旅路
  自照文学としての『朝鮮日々記』
  豊臣政権の寺社政策―朝鮮侵略の背景として
  本願寺教団の朝鮮進出―関連史料を読む

あとがき
執筆者紹介

著者紹介:
朝鮮日々記研究会(大桑斉、大取一馬、岡村喜史、木場明志、草野顕之、仲尾宏、早島有毅、平田厚志、本多正道)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/11/19