書誌詳細

新装版 四十八願講話 上
蜂屋賢喜代著
四六判 273頁 2018.07
978-4-8318-6554-0 法蔵館
税込2,160円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
浄土真宗の根本経典である『大無量寿経』に説かれた四十八願を、第一願から順に易しく説き明かした講話集。真宗の深い教義を伝える名著が、30年ぶりに新装版として復刊。

目次:
一、抜苦与楽分

国中人天の願
 第一願:無三悪趣の願
 第二願:不更悪趣の願
 第三願:悉皆金色の願
 第四願:無有好醜の願
 第五願:宿命通の願
 第六願:天眼通の願
 第七願:天耳通の願
 第八願:他心通の願
 第九願:神足通の願
 第十願:漏尽通の願
 第十一願:必至滅度の願

十方摂化の願
 第十二願:光明無量の願
 第十三願:寿命無量の願
 第十四願:声聞無数の願
 第十五願:眷属長寿の願
 第十六願:離譏嫌名の願

二、摂衆生分Ⅰ

衆生救済の願
 第十七願:諸仏称揚の願
 第十八願:念仏往生の願
 第十九願:修諸功徳の願
 第二十願:欲生果遂の願
 三願(第十八・十九・二十)について

著者紹介:
1880年 9月10日大阪市東区谷町・慶徳寺に生まれる
1905年 東京巣鴨、真宗大学本科(現大谷大学)卒業
1918年 雑誌『成同』を刊行し布教・伝道活動展開
1924年 大阪天王寺の光照寺の住職となる
1964年 12月13日 84歳逝去
著書
『人間道』『仏天を仰いで』『病める人へ』『歎異抄講話』『蓮如上人御一代記聞書講話』『正信偈講話』『苦の探求』『四十八願講話』等。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/07/16