【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

新装版 四十八願講話 下
蜂屋賢喜代著
四六判 250頁 2018.07
978-4-8318-6555-7 法蔵館
税込2,160円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
浄土真宗の根本経典である『大無量寿経』に説かれた四十八願を、一願から順に易しく説き明かした講話集。真宗の深い教義を伝える名著が、30年ぶりに新装版として復刊。

目次:
三、摂衆生分Ⅱ
国中菩薩の願
第二十一願:具三十二相の願
第二十二願:必至補処の願
第二十三願:供養諸仏の願
第二十四願:供具如意の願
第二十五願:説一切智の願
第二十六願:那羅延身の願
第二十七願:所須厳浄の願
第二十八願:道場樹の願
第二十九願:得弁才智の願
第三十願:智弁無窮の願
第三十一願:国土清浄の願
第三十二願:宝香合成の願
四、種々利益分
十方衆生の願
第三十三願:触光柔軟の願
第三十四願:聞名得忍の願
第三十五願:女人成仏の願
第三十六願:常修梵行の願
第三十七願:人天致敬の願
第三十八願:衣服随念の願
第三十九願:受楽無染の願
第四十願:見諸仏土の願
他力菩薩の願
第四十一願:諸根具足の願
第四十二願:住定供仏の願
第四十三願:生尊貴家の願
第四十四願:具足徳本の願
第四十五願:住定見仏の願
第四十六願:随意聞法の願
第四十七願:得不退転の願
第四十八願:得三法忍の願
嘆仏の偈(総願)
三誓の偈(重誓)
おわりに
あとがき

著者紹介:
1880年 9月10日大阪市東区谷町・慶徳寺に生まれる
1905年 東京巣鴨、真宗大学本科(現大谷大学)卒業
1918年 雑誌『成同』を刊行し布教・伝道活動展開
1924年 大阪天王寺の光照寺の住職となる
1964年 12月13日 84歳逝去
著書
『人間道』『仏天を仰いで』『病める人へ』『歎異抄講話』『蓮如上人御一代記聞書講話』『正信偈講話』『苦の探求』『四十八願講話』等。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/07/20