【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【ドキュメンタリー映画上映会を開催しました】
10月14日(日) ブラジル移民110年ドキュメンタリ-映画
「TRES JOIAS]トレス・ジョイアス(三宝の意)上映会を開催しました。
ご来場くださった皆様誠にありがとうございました。
映画の詳細は「ブラジル」でご検索ください。

書誌詳細

新装版 近代日本の親鸞
その思想史
福島和人著
四六判 291頁 2018.10
978-4-8318-6559-5 法蔵館
税込2,376円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
『歎異抄』再生を嚆矢とする近代“親鸞ブーム”。当時の親鸞伝、史学、文学など多彩な研究に着目し、近代日本人の精神をあぶり出す。

目次:
序 章
第一章 暁烏敏にみる『歎異抄』の近代的再生
第一節 『歎異抄』再生の史的契機
第二節 暁烏敏の求道歴程
―その青年時代と『歎異抄講話』出版まで―
第三節 その検討―思想史的考察
第二章 明治の親鸞伝
第一節 その概観
第二節 木下尚江の『法然と親鸞』
  木下尚江の一生―『法然と親鸞』著述への契機―木下の親鸞像
第三節 佐々木月樵の『親鸞聖人伝』
    佐々木月樵の一期―佐々木の親鸞思慕
第三章 明治大正における史学史上の親鸞
第一節 その概観
第二節 一史論風民間史学徒の親鸞像―村田勤『史的批評親鸞真伝』について―
  キリスト者村田勤―研究方法における実証性―親鸞の人間像―親鸞教の把握
第三節 批判的・実証的親鸞伝研究(その一)
―長沼賢海『親鸞聖人の研究』―
  大学実証史学の親鸞伝への参入―大学史学徒長沼賢海―実証の概要―実証がもたらしたもの
第四節 基礎的史料研究と親鸞伝
一、辻善之助『親鸞聖人筆跡の研究』について
二、藤原猶雪『親鸞聖人真像の研究』について
三、鷲尾教導『恵信尼文書の研究』について
鷲尾教導の生涯とその業績―『恵信尼文書の研究』について
第五節 批判的・実証的親鸞伝研究(その二)
―中沢見明の『史上の親鸞』について―
中沢見明の生涯―『史上の親鸞』について―意義とその限界
第六節 山田文昭『親鸞とその教団』への結実
一、念仏者山田文昭
二、山田の親鸞聖人伝について
第四章 大正文学上の親鸞
―『出家とその弟子』にみる親鸞像―
第一節 続出する「親鸞」
第二節 『出家とその弟子』について
一、倉田百三、その青年時代と戯曲『出家とその弟子』の出版
二、『出家とその弟子』の世界と親鸞像
三、その同時代における反響
四、上演をめぐって
五、親鸞像への役割と史的意義

あとがき

著者紹介:
1937年石川県金沢市生まれ。1961年金沢大学法文学部史学科卒。1963年大谷大学大学院仏教文化学部修士課程修了。大谷高等学校教諭、大谷大学非常勤講師、大谷専修学院講師、真宗大谷派教学研究所嘱託研究員を歴任。
著書
『近代日本の親鸞-その思想史』、『この世に棲んで 等身大の思想』、『親鸞思想 戦時下の諸相』など。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/10/16