【お詫び】サーバー不具合によりご注文時の自動返信メールが送受信できない可能性がございます。
ご注文のお客様には弊社より別途発送ご連絡メールをお送り致します。
ご心配をお掛けしお詫び申し上げます。


◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
令和2年7月豪雨の影響により下記地域への発送は遅延の可能性がございます。
ご注文品の出荷完了次第メールでお知らせいたします。何卒ご了承ください。
【発送・配送の遅延が予想される地域】
 熊本県(八代市、球磨郡、葦北郡) 大分県(由布市、日田市)

書誌詳細

新装版 正像末法和讃講話
川瀬和敬著
四六判 183頁 2020.09
978-4-8318-6574-8 法蔵館
税込1,540円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
親鸞最晩年の著作『正像末和讃』、自己の不実を徹底して告白する『悲歎述懐和讃』等、親鸞自身の注記を重視してその真意を明かにする。

目次:
はじめに
正像末法和讃…五十八首
愚禿述懐…二十二首
愚禿悲歎述懐…十一首

著者紹介:
1911年(明治44年)に生まれる。
真宗高田派鑑学。高田短期大学名誉教授。
平成18年7月示寂。
著書に『親鸞聖人への道』『火中生蓮』『感応道交』『浄土和讃講話』『浄土高僧和讃講話』『正像末法和讃講話』『皇太子聖徳奉讃講話』など。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/09/25