【お詫び】
只今、発送が大変混み合っております。在庫がございましても出荷に少々お時間をいただく場合がございますが何卒ご了承ください。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!第4回は12月22日(土)開催。
詳しくは『連続講座』でご検索ください!

【NHKおはよう日本に「お坊さんでスクールカウンセラー」の坂井祐円先生が出演されました】
番組サイトにてご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20181127.html?fbclid=IwAR1PqspCHg2muDYPrPTpQAujZl2Enf57oPrJ1aOv3kCaeJU8MNr0ss-QhGs

書誌詳細

改訂新版 大谷派本願寺 伝統行事 裏話と風物詩
川島眞量著、川嶋 正編
四六判 193頁 2018.12
978-4-8318-7922-6 法蔵館
税込2,376円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
真宗大谷派の本山(東本願寺)伝承の年中行事や勤行、風物詩について、五十余年に亘り勤めた著者が詳しく紹介した貴重な資料を復刊。

目次:
改訂新版の刊行にあたって



一、毎月行事
 1 尊供
 2 毎日晨朝
 3 両度御命日
 4 前裏方御命日
 5 蓮如上人御命日
 6 太子・七高僧御命日

二、各御祥月行事
 1 法然上人御祥月
 2 聖徳太子御祥月
 3 前住上人御祥月
 4 前御裏方御祥月
 5 蓮如上人御祥月
 6 御歴代御祥月
 7 亀山帝・先帝御祥月
 8 鎌足公・東照宮御祥月

三、年始の法要と行事
 1 修正会
 2 御献盃
 3 御廟参と隣山御年賀
 4 粥柱

四、春の法要と行事
 1 春秋二季彼岸
 2 酬徳会
 3 宣旨奉送迎
 4 宗祖御誕生会
 5 立教開宗記念日法要
 6 春の法要

五、夏中の法要と行事
 1 夏の御文
 2 盆会
 3 土用の虫干し

六、御正忌報恩講行事
 1 準備と荘厳
 2 勤行次第
 3 斎・非時・点心
 4 正信偈習礼
 5 御伝鈔拝読
 6 坂東曲
 7 坂東曲習礼
 8 位上曲

七、歳末行事
 1 御煤払い
 2 御試餅
 3 歳末勤行

八、特修法要
 親鸞聖人御誕生八百年立教開宗七百五十年慶讃法要

九、附録
 本山両堂の障壁画

著者経歴/改訂新版編者経歴

著者紹介:
川島眞量
真宗大谷派亀年山法寿寺第五世六代住職、元東本願寺一﨟。
明治25年(1892)、洛西桂川島村法壽教庵(後に法寿寺に改名)住職川島秀量の長男として生まれる。大正7年(1918)より東本願寺御堂衆として出仕。昭和36年(1961)に厳修された宗祖七百回御遠忌には、一﨟として迎え、法要を管掌。御伝鈔上巻を拝読する。御遠忌円成後、一﨟を引退し一﨟隠居となる。また自坊法寿寺住職も退任、自坊住職を長男浩量に譲る。昭和58年(1983)、91歳にて没。
主な編著、『大谷派寺院 年中諸法要行事』『真宗大谷派 声明作法入門の手引き』『大谷派本願寺 傳統行事』(法藏館)。主な校訂、『真宗勤行聖典』『真宗在家勤行集』『日用在家勤行集』(法藏館)、『昭和聲明集』(興文堂)。

川嶋 正
昭和33年(1958)、法寿寺第六世七代住職浩量の長男として生まれる。眞量直系の孫。昭和43年(1968)、得度。幼少より祖父眞量に声明作法を伝授される。平成21年(2009)、浩量の死去に伴い法寿寺第七世八代住職を継承する。平成29年(2017)、より京都教区会議員。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/12/14