【台風、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。
到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
維新は教科書通りに語れない!をテーマに、
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!
第2回は11月17日(土)開催。 詳しくは『連続講座』でご検索ください!!

書誌詳細

続ヴェネツィアの石 ルネサンスとグロテスク精神
John Ruskin(ジョン ラスキン)著 内藤史朗訳
四六判 305頁 2017.10
978-4-8318-8179-3 法蔵館
税込3,456円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
前巻『ヴェネツィアの石』においては、ビザンチン時代からゴシック時代の建築・装飾に焦点を絞って、それらの精神――心的傾向を辿り、ヴェネツィア衰退の運命を左右したのは何かを探ろうとした。本書は、それに続く巻として、ルネサンスを、「初期ルネサンス」「ローマ・ルネサンス」「グロテスク・ルネサンス」に分け、それぞれの特徴を説明する。とくに「グロテスク・ルネサンス」はラスキン独特の見方が強調されて興味深い。
ラスキンは、作品の創作にあたっては、手技と知性と心情が連動して動く時、傑作も生まれるという。更に言うなら、心情が三者の中で最高位になり、知性が次位で、手技が下位になると考え、その手技が、知性と心情を結びつけて働かせる。つまり、手技において、心情と知性を同時に働かせることによって、作者自身が統合され、作者が「全体的人間」になり、それが人間疎外の回復にもつながるというのだ。こういう考えは、ヨーロッパの従来の肉体を蔑視し、精神を上位に考える思想とは異なるものであったが、彼の思想は、ウィリアム・モリスやアール・ヌーヴォーなどの芸術運動に深い影響を与えた。

【訳者のあとがき】
ラスキンのルネサンス論は、ありきたりのルネサンス論ではない。それは芸術論を超えて宗教と人間のあり方を問い、また現代までの教育体制の根本を衝くものとなった。・・・レオナルドも、ミケラジェロも、ラファエロも、近代の科学をほとんど知らない時代の芸術家であった。(中略)新しい科学や古典の知識がいくら増えても、知識を発見し、驚きをもって接する心がその土台になければ、その知識は不毛だとラスキンは指摘する。

目次:
第三部 ルネサンス時代
凡例
一章初期ルネサンス

二章ローマ・ルネサンス
Ⅰ  「学問の誇り(驕り)」
Ⅱ  「地位の誇り(驕り)」
Ⅲ  「体系の誇り(驕り)」
Ⅳ  「不信心」

三章グロテスク・ルネサンス
Ⅰ  「賢明に戯れる人たち」
Ⅱ  「人間本性に立ち戻る必要から戯れる人たち」
Ⅲ  「無節制に過度に戯れる人たち」
Ⅳ  「全然戯れない人たち」
(A)冷淡な気分
(B)皮肉屋(風刺家を含む)の気分
(C)病的な想像力を自制できない気分

四章  結論

人名録(建築・彫刻・絵画・思想関係)
付録Ⅰ~Ⅶ
参考文献 
あとがき

著者紹介:
John Ruskin(ジョン ラスキン)
1819-1900年。19世紀イギリスの思想家、美術評論家。1842年オックスフォード大学卒業。1870年よりオックスフォード大学の芸術学講座を担当。著書に『近代画家論』『ヴェニスの石』『芸術経済論』『この最後の者にも』など。

内藤史朗
1933年台湾生まれ。1957年京都大学文学部(英文学)卒業。1976年大谷大学教授。1999年京都造形芸術大学教授。現在大谷大学名誉教授。著書にアイルランド詩人イェイツに関するYeats and Zen Yeats’s Epiphany などがあり、共著に『W.B.イェイツ論 仮面の変貌』、訳書にラスキン『風景の思想とモラル』『芸術の真実と教育』『構想力の芸術思想』『ヴェネツィアの石』など多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/11/19