【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

・現在、雪の影響により配送の大幅な遅延が発生しております。
 着指定、至急のご依頼などご希望に添えない場合がございますが、
 何卒ご了承くださいますようお願い致します。

.

書誌詳細

ことばの向こうがわ 震災の影 仮説の声
安部智海著
四六判 134 2017.03
978-4-8318-8180-9 法蔵館
税込1,188円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
「忘れたい」思いのそばで
その人の悲しみがその人の悲しみのままで居られる場所があってもいい……

東日本大震災では、発災直後より被災地において「仮設住宅居室訪問活動」が行われきた。
本書は活動を主導してきた著者が情感豊かな文章と多彩なエピソードで語る活動記録である。
被災者のみならず、悲しみを抱えた方々に対する、新しい「支援」のかたちを提起する。
これまでに類のない震災関連書籍。

※2013年8月~15年3月の間、浄土真宗本願寺派の月刊機関誌『大乗』に連載した「震災情景」(全20回。)、「ことばの向こうがわ」(全12回)を時系列に再構成し、加筆修正を加えたもの。

※被災者ボランティア、心理カウンセラー、医師、教師、臨床宗教師など、苦悩を抱える方と向き合う人、必読の書。

―――――
支援とは何だろうか。
端的に言えば、苦難に直面した方を支え、援けることだ。たとえば苦難に直面したとき苦悩が生じる。その苦悩が誰にも顧みられず、ひとりで抱え込まざるを得なくなったとしたら、苦悩はますます大きなものへと膨らんでゆくだろう。しかし、解決策さえ見つけられないほどの大きな不安と孤独のなかでも、誰かのあたたかい眼差しが向けられているという、ただそれだけのことが、その人を支える力になることがある。苦悩する気持ちを丁寧に受け取る誰かがいることで、その孤独が和らぐことがある。
そのためにできる方法の一つが、仮設住宅居室訪問活動だった。(「はじめに」より)

―――――
「私ね、ずっと死にたかったのよ」
これまで女性が抱き続けてきた思いが、そのまま声になって出てきたようだった。そして泣き笑いされる女性の表情は、最初の冗談めいたよそよそしい笑顔とは違って、どこか安らいだ笑顔のようにもみえた。……
女性との出会いは、気持ちの一つひとつを誰かに受け取ってもらうことができれば、その気持は少しずつ和らいでいくことを教えてくれた。たとえそれが「死にたい」という気持ちであったとしてもだ。女性との出会いをとおして、《死にたいほどの苦悩》に焦点をあてた活動、その人がその人のままであっていいという、そんなあたりまえなことを大切にする活動の必要性を改めて感じさせられたのだった。(本文より)

目次:
はじめに
  プロローグ
第一章 大災害のあとで
  死にたい気持ち
  居室訪問活動という支援
  はじめての仮設訪問
  避難所でのこと
  閖上の悲劇
  くらべられない悲しみ
第二章 仮設に住む
  亡き方の声
  同じ空を見上げる
  ひとりじゃない
  仮設に根づく
  人間関係のなやみ
  津波てんでんこ
 第三章 綻びゆく日常
  あの日に戻れたら
  つづく仮設暮らし
  夫婦のかたち
  終の棲家の仮暮らし
  笑顔のかげに
  被災者とは誰か
第四章 仮設に残る
  町がなくなる
  仮設住宅の限界
  変わり続ける風景
第五章 ためらう一歩
  ぜいたく
  モノクロの桜
  お父さんのモミジ
  あの日あのとき

  エピローグ
  あとがき

著者紹介:
1978 年、山口県長門市生まれ。龍谷大学大学院文学研究科真宗学専攻博士課程単位取得。現在、浄土真宗本願寺派総合研究所研究助手。
藤丸智雄著『ボランティア僧侶』(同文館出版)では、仮設住宅居室訪問活動の様子が紹介された。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/02/19