★お盆休みのご案内★

【期間】 8月11日(土)~16日(木)

なお、11日(土)、13日(月)につきましては、書店(店舗)のみ営業いたしております。
インターネット・FAX等の御注文は随時承っておりますが、8月10日(金)正午~のご注文に
つきましては8月17日(金)以降のご対応となります。
休暇期間中、何かとご不便をおかけすることと存じますが何卒ご理解ご了承頂けますよう
お願い申し上げます。


【送料改訂のおしらせ】
・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

お釈迦さまより長生きしました 禅の道八十年
西村惠信著
四六判 187頁 2018.06
978-4-8318-8198-4 法蔵館
税込1,944円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
*2018年 仏教伝道文化賞 受賞。
2歳にして禅寺に出家し、85歳を迎える今日まで仏教的生き方を求め続けた著者が、その思索の遍歴と現在の心情を真っ直ぐに述べたエッセイ。仏教を学ぶためには、知識的な関心からではなく、自己の人生の重要な課題として「いかに生きるべきか」という切実な問いかけのあることが大切で、その問いかけがあってはじめて「仏陀の教え」が見えてくる、と熱く語る。

目次:
仏縁に導かれて
仏教的生き方とは
課題としての仏教
いのちを見つめて生きる
「超える」ということ
大いなる心
禅者の面目
生命といのち
「哀しみ」という力
健康至上主義への反省
粗食のすすめ
山の音
流れる川
わが事としての老い
老いて学べば
病いとの出逢い
死に臨む態度
  初出一覧
  あとがき

著者紹介:
1933(昭和8)年、滋賀県生まれ。2歳のとき出家して、臨済宗妙心寺派の僧籍に入る。花園大学仏教学部(禅学専攻)卒業の後、南禅寺専門道場柴山全慶老師の室に入り参禅弁道。1960~61年、米国ペンシルヴェニア州ペンデルヒル宗教研究所に留学し、キリスト教を研究。1970年、京都大学大学院文学研究科(宗教学専攻)博士課程修了。いらい母校花園大学の教壇に立って禅学を講じる。1993年、論文『己事究明の思想と方法の研究』によって、愛知学院大学より文学博士の学位を受ける。現在、花園大学名誉教授(元学長)、臨済宗妙心寺派興福寺閑栖。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/08/18