関連するシリーズ
検索結果一覧 行数:
書誌詳細
意訳 無量寿経
戸次公正訳
A5 230頁 2017.06
978-4-8318-8752-8 法蔵館
税込2,376円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
親鸞が「究極の真実の教え」とした『無量寿経』上下二巻の内容を、原文・訓読文・現代語訳・訳註でわかりやすく伝える。原文では誰が誰に語っているのか理解しにくい箇所に主語・述語を補うなど、読みやすくなるよう様々な工夫がこらされた決定版。親鸞が『教行信証』で引用している箇所を示す注記や、本願文・本願成就文の説明付き。

目次:
はじめに

   Ⅰ 意訳 無量寿経
◆仏説無量寿経巻上◆
一、序 分
証信序(「我聞きたまえき」)
聞・信・時・主・処・衆の成就/菩薩嘆徳
発起序(「その時、世尊、諸根悦予し」)
如来の五徳現瑞/出世の大事
二、正宗分
如来浄土の因果(「仏、阿難に告げたまわく」)
世自在王仏と法蔵
嘆仏偈(「光顔巍巍として」)
選択別願/四十八願
重誓偈(「我、超世の願を建つ」)
永劫修行/十劫成仏/国土の荘厳
◆仏説無量寿経巻下◆
衆生往生の因果(「仏、阿難に告げたまわく」)
念仏往生と諸行往生
東方偈または往観偈(「東方諸仏の国」)
三毒段/五悪段/如来の悲化/智慧段
三、流通分
付属流通・聞法得益(「仏、弥勒に語りたまわく」)

   Ⅱ 附編
一、訳 註
二、本願文とは何か
 1、本願文の構成と分類
 2、本願とその成就文

主な参考文献
あとがき

著者紹介:
1948年、大阪府泉大津市生まれ。大谷大学大学院修士課程修了。真宗大谷派大阪教区南溟寺住職。相愛大学非常勤講師。著書に、『正信偈のこころ――限りなきいのちの詩』『阿弥陀経が聞こえてくる――いのちの原風景』(法藏館)、『日本語で読むお経をつくった僧侶の物語――木津無庵とその時代』(明石書店)、『意味不明でありがたいのか――お経は日本語で』(祥伝社)、『親鸞の詩が聞こえる――エッセンス・正信偈』(東本願寺出版)など。

ご注文予定の商品
削除チェック 注文数
商品合計 0-    
荷送料 0-    
代金引換手数料 0-    
お支払い総額 0-    
(消費税 0)    
注文数の設定 ⇒ 〔レジへ進む〕 ⇒ お客様情報入力 ⇒ 〔入力を確認する〕 ⇒ 〔ご注文〕
[ 買い物を続ける ]
前のページに戻って買い物を続けることができます。
[ カートを更新 ]
選択商品の削除
商品一覧左のチェックボックスにチェックし、『カートを更新』ボタンをクリックして下さい。
商品数の変更
商品一覧右の入力ボックスに半角数字を入力し、『カートを更新』ボタンをクリックして下さい。
[ レジへ進む ]
カートに入っている商品の再確認とお客様の情報をご記入いただきます。
【 送料、代引き手数料 】
  荷送料
書籍の合計(税抜) 荷送料(税込)
5,000円以下 300円+税
10,000円以下 500円+税
15,000円未満 800円+税
15,000円以上 無料
  (代金引換で発送になりますので下記の手数料が別途かかります)
商品代金(税抜) 代引手数料(税込)
15,000円未満 300円+税
15,000円以上 無料

お名前と電話番号を入力し
右のボタンを押して下さい
お名前(全角)
ふりがな(全角)
電話番号 (半角数字)
(例:03-1234-5678)
電子メール (半角英数字)
確認用にもう一度入力して下さい。
メールサービス必要 不要
性別男性 女性
郵便番号 (半角数字)   
住所都道府県
市区郡
町村
番地
マンション名
部屋番号等
不在時連絡先名
(任意)

不在時連絡番号
(任意)
メッセージ (任意)

















メールサービス

法藏館書店新着情報をメールにて月初めにお届けしております。  (過去のメールはこちらです)
メールサービスのご利用は無料です。お気軽にご登録ください。

メールアドレスを変更された場合は以前登録されたメールアドレスを解除後、新しいメールアドレスの登録をお願い致します。

以前仏教書総目録刊行会ホームページより書籍をご購入の方やアンケートにお答えくださった方などは、すでに登録されている場合があります。

     

メールサービスの登録

配信を希望されるメールアドレスを記入し、「登録」をクリックしてください。

メールサービスの解除

配信を解除するメールアドレスを記入し、「解除」をクリックしてください。
関連するシリーズを検索 キーワード (3つまで)

書名 著者名 書目ジャンル 出版社 発行年(月) 例 2015 2015.08
商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

個人情報の取り扱いについて
最終更新日:
2017/09/22 17:31:33