【お詫び】
只今、発送が大変混み合っております。在庫がございましても出荷に少々お時間をいただく場合がございますが何卒ご了承ください。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!第4回は12月22日(土)開催。
詳しくは『連続講座』でご検索ください!

【NHKおはよう日本に「お坊さんでスクールカウンセラー」の坂井祐円先生が出演されました】
番組サイトにてご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20181127.html?fbclid=IwAR1PqspCHg2muDYPrPTpQAujZl2Enf57oPrJ1aOv3kCaeJU8MNr0ss-QhGs

書誌詳細

親鸞の往生思想
内藤知康著
A5 382頁 2018.09
978-4-8318-8764-1 法蔵館
税込7,560円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
親鸞が説く「往生」は、現生か死後か――。往生思想の本質を考察するとともに、親鸞の著作を汎く綿密に検討して、往生論争に終止符を打とうとする注目の一冊。

目次:
序論
第一部 親鸞の往生思想形成の背景
第一章 往生思想の基本的性格/第二章 浄土三部経における往生思想/第三章 曇鸞の往生思想/第四章 道綽の往生思想/第五章 善導の往生思想/結章 第一部の結び
第二部 親鸞の往生思想
  第一章 往生即成仏義と現生正定聚義/第二章 即得往生と与諸如来等/第三章 親鸞の和語聖教における本願成就文釈/第四章 親鸞教義における往生の意義/結章 第二部の結び
第三部 親鸞の往生思想についての諸説とその検討
  第一章 親鸞の往生思想についての諸説概観/第二章 上田義文氏の説とその検討/第三章 松野純孝氏の説とその検討/第四章 寺川俊昭氏の説とその検討/結章 第三部の結び
結論

著者紹介:
1945年、大阪府に生まれる。龍谷大学大学院文学研究科修了、宗学院卒業。
現在、龍谷大学名誉教授、本願寺派勧学寮員、福井県覺成寺住職(福井教区若狭組)。
主な著書に、『聖典読解シリーズ5 正信偈』、『増補版 やわらかな眼』、『親鸞聖人のことば』(共著)、『御文章を聞く』、『安心論題を学ぶ』、『顕浄土真実行文類講読』ほか、論文多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/12/14