【お詫び】
只今、発送が大変混み合っております。在庫がございましても出荷に少々お時間をいただく場合がございますが何卒ご了承ください。


【「カミとホトケの幕末維新」刊行記念 無料連続講座 全4回のおしらせ】
これまでにない視点から幕末を切り取る連続講座!第4回は12月22日(土)開催。
詳しくは『連続講座』でご検索ください!

【NHKおはよう日本に「お坊さんでスクールカウンセラー」の坂井祐円先生が出演されました】
番組サイトにてご覧ください
http://www.nhk.or.jp/shutoken/ohayo/report/20181127.html?fbclid=IwAR1PqspCHg2muDYPrPTpQAujZl2Enf57oPrJ1aOv3kCaeJU8MNr0ss-QhGs

書誌詳細

妙好人 千代尼
西山郷史著
B6 248頁 2018.01
978-4-8318-8768-9 法蔵館
税込1,296円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
石川県の松任(白山市)が輩出した、日本を代表する女流俳人・加賀の千代女。「朝顔やつるべとられてもらい水」「蜻蛉つり今日はどこに行ったやら」「月も見て 我はこの世を かしく哉」などの句が著名。小林一茶は千代尼の句に憧れ、新渡戸稲造は、日本人の手本として海外に紹介し、徳富蘇峰は「雲花月風皆入句 是君女性西行師」と、西行に匹敵する俳人として高く評価した。本書では、これまであまり注目されてこなかった、篤信の念仏者・妙好人としての千代尼の生き方に注目。土徳の風土がはぐくんだ、深くあたたかい「ありのまま」の信心の句の世界を紹介する。

目次:
はじめに

Ⅰ 妙好人
 一 妙好人
 二 千代尼句集

Ⅱ 蜻蛉釣り
 一 今日はどこまで 行ったやら
 二 童謡「赤とんぼ」
 三 子に育てられ―障子の寒さかな―
四 求道の歌―和泉式部―

Ⅲ 聞法の日々
一 千代尼の生涯
 二 「朝顔に・・・・・・」「朝顔や・・・・・・」
 三 三十五歳の旅立ち、聞法の場
四 親鸞の伝承歌
 五 弥陀ぞ恋しき―蓮如―

Ⅳ 尼素園・千代尼
 一 尼素園・千代尼の誕生
 二 親鸞聖人五百回忌
 三 別院の御遠忌参拝
 四 吉崎詣

Ⅴ 「安心」に生きる
 一 こころ、平等
 二 安心、決定心、報謝、領解・改悔
 三 伝説の千代

Ⅵ 月も見て・・・・・・
 一 「紙衣」暮らし
 二 蝶―ゆめのなごり―
 三 辞世 月も見て・・・・・・
四 千代尼の句―春・夏・秋・冬―

人名索引
あとがき

著者紹介:
1947年 石川県珠洲市飯田町生。1972年 大谷大学大学院修士課程(仏教文化)修了。1972年~1991年 石川県立高等学校教員。1991年~ 真宗大谷派西勝寺住職。1996年~2004年 珠洲市立珠洲焼資料館館長。1999年~2002年 真宗大谷派能登教区副議長。2002年~2005年 同議長
現在 真宗大谷派西勝寺住職、珠洲市仏教会会長、(財)石川県埋蔵文化財センター評議員、真宗大谷派西勝寺住職、元珠洲市立珠洲焼資料館館長。主な著書に、『蓮如と真宗行事』(木耳社)、のち『蓮如と真宗行事ー能登の宗教民俗』、『蓮如上人と伝承』(真宗大谷派金沢別院)、『能登国三十三観音のたび』(北國新聞社)、『伝説とロマンの里』(北國新聞社)、『珠洲散策のーと』(珠洲市観光ボランティアガイド)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/12/14