・【出荷についてのおしらせ】

現在発送が非常に混み合っており、納品にお時間を頂戴しております。
ご不便をおかけ致しますことをお詫び申し上げます。
準備の出来たものから順次出荷しておりますので、
まことに恐縮ですがご理解いただけますようお願い申し上げます。
お急ぎの場合はご注文の際にお申しつけいただけましたら、
出来るだけご希望に沿うよう出荷させていただきますので、
何卒よろしくお願い致します。


◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご了承ください。
.

書誌詳細

親鸞改名の研究
豅 弘信著
A5 537頁 2019.06
978-4-8318-8769-6 法蔵館
税込14,040円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
従来「善信」とされてきた、親鸞三十三歳の時に綽空から改名した名は「親鸞」であった。膨大な史料を再検討して定説を覆す注目の書。

目次:
はじめに
 第一章 「善信」改名説の検討
  第一節 房号「善信」と実名「親鸞」
―実名敬避俗―
  第二節 覚如説の検討
  第三節 存覚説の検討
―鶴見晃氏の「善信」実名説に関連して―
  第四節 「名之字」(「後序」)について 
―井上円氏説の批判的検証(1)―
  第五節 「親鸞」への改名時期について
―井上円氏説の批判的検証(2)―
 第二章 「善信」史料の検討
  第一節 親鸞著作に登場する「善信」
  第二節 「房号」としての「善信」
  第三節 親鸞没後の混入例
 第三章 「夢告」について
  第一節 「行者宿報偈」をめぐって
  第二節 専修寺蔵「三夢記」の真偽について
  第三節 六角堂夢告について
―親鸞の生涯を貫いた課題―
 第四章 「愚禿釈の親鸞」
  第一節 「禿の字を以て姓とす」
―「親鸞」改名説の蓋然性―
  第二節 吉水期の親鸞
  第三節 親鸞における『浄土論註』の恩徳
 おわりに―師資相承の名としての「親鸞」―
  あとがき

著者紹介:
1959(昭和34)年、鳥取県米子市に生まれる。
1987(昭和62)年、大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。
真宗大谷派擬講。
現在、真宗大谷派西念寺住職。
論文に「信仰的実存」「親鸞の宿業観」「本願の機阿難」(以上、『親鸞教学』)、「真実証」「大行とその源泉」(以上、『大谷学報』)、「清沢満之の分限の自覚について」「親鸞の還相回向観」(以上、『真宗教学研究』)ほか。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/09/19