★お盆休みのご案内★

【期間】 8月11日(土)~16日(木)

なお、11日(土)、13日(月)につきましては、書店(店舗)のみ営業いたしております。
インターネット・FAX等の御注文は随時承っておりますが、8月10日(金)正午~のご注文に
つきましては8月17日(金)以降のご対応となります。
休暇期間中、何かとご不便をおかけすることと存じますが何卒ご理解ご了承頂けますよう
お願い申し上げます。


【送料改訂のおしらせ】
・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

浄土真宗本願寺派 宗法改定論ノート
池田行信著
A5 222頁 2018.07
978-4-8318-9033-7 法蔵館
税込3,024円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
西本願寺が日本初の議会制度を導入して140年。三権分立の弊害とは? 戦後の宗法改定議論の要点を、膨大な議事録からあぶり出す。

目次:
はしがき
本書の立場と方法

昭和三十年度宗法改定論議
一 「宗政民主化」と「門主制」をめぐる論戦
1 「門主を中心として」の文言挿入
2 「如何せん数において差別がついておる」
3 第百二十回臨時宗会の争点
二 「三権分立主義の弊害を除去」
1 第百二十五回定期宗会の争点
2 《宗門の運営は寺院単位》
3 《公選議員は一教区、僧俗各々一名》
4 「行議兼職」の問題
5 《僧侶教区会議員は組長をもって充てる》
6 門徒議員団の批判──「総局の瓦解でなくして、宗門の内攻」──

昭和三十六年度宗法改定論議
一 「マンモス宗会案」について
1 「企画調査室」の設置と「宗務刷新特別対策委員会」の発足
2 アンケートの集計
3 第百四十一回臨時宗会──「マンモス宗会案の提出」──
4 第百四十一回臨時宗会の質問戦
5 継続審議の背景
6 宗法改定論議の深層
ⅰ 門主の総長指名制について
ⅱ 「宗会の権限縮小」「宗会軽視」について
ⅲ 政局の行方
二 「宗門総会案」について
1 第百四十二回定期宗会の経過
2 「宗会機構改革」をめぐる論議
ⅰ 「宗門総会案」とは
ⅱ 第百四十二回定期宗会の質問戦
ⅲ 宗会解散
ⅳ 宗会機構改革案への反対意見
ⅴ 「宗門総会案」の意味するもの
ⅵ 宗会機構改革案への賛成意見
3 総選挙と特別宗会
ⅰ 総選挙
ⅱ 立候補者とその所信
ⅲ 第百四十三回特別宗会
三 むすびにかえて


あとがき
索引

著者紹介:
1953年栃木県生まれ。龍谷大学大学院文学研究科博士課程(真宗学)修了。
現在、浄土真宗本願寺派総務、慈願寺住職。
著書に『真宗教団の思想と行動[増補新版]』(法藏館)、『現代社会と浄土真宗[増補新版]』(法藏館)、『現代真宗教団論』(法藏館)など。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/08/18