【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

仏教の救い 4
アジャセ王の帰仏に学ぶ
池田勇諦著
A5 102頁 2017.01
978-4-8330-2086-2 北國新聞社
税込1,080円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
真宗大谷派講師である著者が、小松市で行なった連続仏教講座を収めたシリーズ第4弾。本書では、父殺しの罪にもだえるアジャセがいかにして救われたのか、救いとは何かという問題の核心に迫る。「救い」とは困難な状況が楽になる事ではなく、自らと周囲を傷つけ真理を信じない度し難い自分という自覚から、そのような自我の立場に見切りをつけ、一切の人々を助けずにはおかないという仏の大悲心を立場とし、歩みを一歩進めることと説く。また、従来看過されてきた、他者とのつながりへの目覚めを特に強調し、独りよがりな信仰のあり方を誡める。道を求める全ての人々に、親鸞仏教の本質を余すところなく説き明かした待望の書。

目次:
王舎城の悲劇(前巻までの流れ)

第10講 アジャセの回心(上)―無根の信―
 毒樹のような私から、香木の芽が吹いた

第11講 アジャセの回心(中)―回心の体験は―
 行き詰った今、一念、一瞬、聞こえてくださる

第12講 アジャセの回心(下)―新しい関係―
 自分を問う他者の存在が見えてくる

著者紹介:
1934(昭和9)年三重県桑名市に生まれる(父は小松市瀬領町出身)。東海同朋大学(現・同朋大学)仏教学部卒業。大谷大学大学院博士課程満期退学。同朋大学教授、同・学長を歴任して、現在は同朋大学名誉教授。真宗大谷派「講師」。三重教区・西恩寺前住職。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/04/19