【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

大悲の妙用
曽我・金子・山口先生の鴻恩を憶う
幡谷 明著
四六判 246頁 2016.10
978-4-86566-031-9 自照社出版
税込2,160円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
大谷大学の金字塔、曽我・金子・山口の三師から、聞き学んだ真宗学と仏教学のみ教えを今に伝える著者渾身の講話録。

目次:
幡谷 明師…一郷正道

曽我量深先生の教えに導かれて
 一、大谷大学の学風
 二、曽我先生の法蔵菩薩・阿頼耶識論

金子大榮先生の教恩を偲ぶ
 一、清沢先生の精神主義と金子先生の浄土論
 二、浄土の探求

山口 益先生の学恩を思う
 一、近代仏教学を確立
 二、浄土教史観を展開

あとがき

著者紹介:
1928(昭和3)年 島根県浜田市顕正寺に生まれる。
1951年 大谷大学文学部真宗学科卒業。
1954年 大谷大学研究科修了。
1962年 大谷大学短期大学部専任講師。
1978年 大谷大学教授、この間佛教大学・龍谷大学非常勤講師を歴任。
現在、大谷大学名誉教授。博士(文学)。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/06/25