書誌詳細

現代語 唯信鈔文意
親鸞思想を読み解く
親鸞仏教センター訳・解説
四六判 302頁 2018.08
978-4-02-251562-9 朝日新聞出版
税込2,700円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
『唯信鈔文意』は親鸞七十八歳のときの著作である。 『歎異抄』とは違い、親鸞自身が著わしたものである。親鸞にとって『唯信鈔』は座右の書。そこに表れる師・法然の教えを、彼は人々にどう伝えたかったのかー?

宗祖の言葉『唯信鈔文意』を現代にどう読むか、東本願寺による現代語の全訳。原文・現代語訳に加え、読み解き解説がつく。親鸞自身の言葉を現代にひらく過程での意見のぶつけ合いを通じて、教えの本質に迫る。

目次:
唯信のこころ
不可称・不可説・不可思議の言葉
大小の聖人、善悪の凡夫
無明を照らす光
「阿弥陀」というはたらき
浄土は「あの世」ではない
待つのは誰か
阿弥陀の願い
誓いを起こす
疑いのこころが晴れる ほか


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/01/16