【台風21号、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。また、一部地域は荷受け停止となっております。到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。

書誌詳細

子まんが学術文庫
歎異抄
唯円 原作(親鸞述)、Teamバンミカス まんが
文庫 190頁 2018.04
978-4-06-510650-1 講談社
税込648円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
師・親鸞の教えを聞き書きし『歎異抄』をまとめた唯円。末法思想に包まれた1200年代の日本に、ただただ阿弥陀の言葉を伝えるために、縦横無尽に巡る元気坊主・唯円の活躍を楽しみつつ、親鸞の有名な言葉「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」の深い深い意味に、あらためて耳を傾けよう!

目次:
プロローグ
第1章 阿弥陀の誓願
第2章 悪人正機
第3章 真の極楽・仮の極楽
第4章 「本願ぼこり」と偽善者
エピローグ

著者紹介:
【唯円】
1222年(貞応元年)‐1289年(正応2年)。生没年は諸説あり。親鸞の晩年の弟子であり、直弟子。『歎異抄』は、著者不明であるが、一般には親鸞の言葉を唯円がまとめたものとされる。
【親鸞】
1173年(承安3年)‐1262年(弘長2年)。末法思想に包まれた鎌倉時代前期から中期にかけての僧侶。浄土真宗の宗祖。法然の教えを継承し、深化することに注力した。「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」の言葉はあまりにも有名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/09/21