★お盆休みのご案内★

【期間】 8月11日(土)~16日(木)

なお、11日(土)、13日(月)につきましては、書店(店舗)のみ営業いたしております。
インターネット・FAX等の御注文は随時承っておりますが、8月10日(金)正午~のご注文に
つきましては8月17日(金)以降のご対応となります。
休暇期間中、何かとご不便をおかけすることと存じますが何卒ご理解ご了承頂けますよう
お願い申し上げます。


【送料改訂のおしらせ】
・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

子中公新書 2416
浄土真宗とは何か
親鸞の教えとその系譜
小山聡子著
新書 272頁 2017.01
978-4-12-102416-9 中央公論新社
税込929円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
日本最大の仏教宗派、浄土真宗。開祖・親鸞は、絶対他力の教え、悪人正機説など、思想の革新性で知られている。本書では、さらに平安時代の浄土信仰や、密教呪術とのつながりにも目を向け、親鸞の教えと、それがどのように広まったのかを、豊富な史料とエピソードに基づき描きだす。師・法然から、親鸞、その子孫、室町時代に教団を確立した蓮如、そして東西分裂後まで、浄土真宗の思想と歴史を一望する。

目次:
まえがき

序章 浄土真宗の前夜
 一、平安貴族社会と密教
 二、平安浄土教の隆盛
第1章 法然とその門弟
 一、専修念仏の教え
 二、呪術への姿勢
 三、弟子たちの信仰
第2章 親鸞の生涯
 一、法然との出会い
 二、東国での布教活動
 三、帰京後の執筆活動
第3章 親鸞の信仰
 一、他力の教え
 二、自力への執着
 三、教えの中の矛盾
第4章 家族それぞれの信仰―恵信尼・善鸞・覚信尼
 一、妻恵信尼―往生への不安
 二、長男善鸞―呪術で得た名声 
 三、末娘覚信尼―父への思い
第5章 継承者たちの信仰―如信・覚如・存覚
 一、孫如信―「正統」な継承者
 二、曽孫覚如―他力をめぐる揺らぎ
 三、玄孫存覚―表の顔と裏の顔と
第6章 浄土真宗教団の確立―蓮如とその後
 一、指導者蓮如
 二、教説と信仰
 三、教団の拡大
終章 近代の中の浄土真宗―愚の自覚と現在
 一、理想化されてきた教団像
 二、浄土真宗史と家族

あとがき
主要参考文献

著者紹介:
1976年、茨城県に生まれる。98年、筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業、2003年同大学大学院博士課程歴史・人類学研究科修了。博士(学術)。現在、二松学舎大学文学部教授。専門は日本宗教史。(本データは、この書籍の刊行当時に掲載されていたものです。)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/08/18