◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご了承ください。

書誌詳細

師・安田理深論
本多弘之著
四六判 222頁 2019.03
978-4-8046-1413-7 大法輪閣
税込2,200円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
真宗の求道者、安田理深(1900~82)。私塾の相応学舎で論疏を講じて多くの学生を感化。深遠にして難解と評された講義に参じた聞法者の一人でのちに学舎を継いだ著者が、師の生涯と思想を当時の熱気と共に語り尽くす。

目次:
師・安田理深論
 値遇・出遇う・生涯
 相応学舎
 僧伽について
 無窓について
 存在の故郷
 曽我量深から安田理深へ―相続し深められたもの
 純粋未来・真実証
 「感の教学」と「言の教学」
 宗教的情熱―安田理深の示した方向性

わが師安田理深の道
 内観の大菩提心
 「僧伽」を念じつづけて

著者紹介:
本多 弘之 (ホンダ ヒロユキ)  
1938年、中国黒龍江省生まれ。1961年、東京大学農学部林産学科卒業。1966年、大谷大学大学院修了。1976年から1983年まで大谷大学助教授。現在、親鸞仏教センター所長、真宗大谷派本龍寺住職、学仏道場相応学舎講師。
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/12/13