■法蔵館書店ショップサイト リニューアルのおしらせ■

いつもご利用いただき誠にありがとうございます。
この度ショップサイトをリニューアルオープンさせていただくこととなりました。
当ページをお気に入り登録いただいておりますお客様は自動的に新サイトへ移行致します。

旧サイトでは一時、自動返信メールが届かない等ご迷惑をお掛け致しました。
より便利にご利用いただけます様尽力して参りますので、何卒引き続きご愛顧くださいます様お願い申し上げます。

法藏館書店ショップサイトは、http://www.hozokan.co.jp に統合しました。


◆配送遅延と着指定不能のお詫び◆
新型コロナウィルス緊急事態宣言に伴い、最小限の人員でご対応しております。
一部商品につきまして、通常より出荷にお時間がかかる場合がございます。
出来る限り迅速にご対応させていただき、出荷完了時はメールでご連絡致します。

また、天候により、下記地域では配送遅延発生の可能性がございます。
【北海道・東北・北陸】

ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承ください。

書誌詳細

近代の仏教思想と日本主義
石井公成監修、近藤俊太郎・名和達宣編
A5 572頁 2020.09
978-4-8318-5560-2 法蔵館
税込7,150円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
仏教者や知識人たちは、「日本主義」へ傾倒していく時代といかに向き合い、いかに仏教を再編したのか。その思想的格闘の軌跡を追う。

目次:
仏教思想と日本主義への入射角――序にかえて(近藤俊太郎)
【総論】日本主義と仏教(石井公成)

第Ⅰ部 親鸞・聖徳太子
 真宗大谷派の教学と日本主義――曽我量深を基点として(名和達宣)
 真宗本願寺派の教学と日本主義――梅原真隆を通して(内手弘太)
 聖徳太子と日本主義――金子大榮を中心に(東 真行)
 『原理日本』と聖徳太子――井上右近・黒上正一郎・蓑田胸喜を中心に(中島岳志)
 民族主義の体系と形式――三井甲之とその門弟(藤井祐介)

第Ⅱ部 日蓮・禅
 日蓮主義と日本主義――田中智学における「日本による世界統一」というビジョンをめぐって
  (ユリア・ブレニナ)
 日蓮主義と日本主義との衝突――日中戦争期における東亜連盟運動(クリントン・ゴダール)
 鈴木大拙『日本的霊性』再考――仏教を超える新「日本宗教」(ステファン・グレイス)
 臨済宗と「日本精神」――関精拙、古川堯道を中心に(大竹 晋)
 禅・華厳と日本主義――市川白弦と紀平正美の比較分析を通じて(飯島孝良)

第Ⅲ部 教養・修養・転向
 本居宣長と日本主義――暁烏敏による思想解釈を通して(齋藤公太)
 日本回帰の思想構造――亀井勝一郎の場合(碧海寿広)
 吉川英治と日本主義――修養する武蔵と親鸞(大澤絢子)
 日本主義の主体性と抗争――原理日本社・京都学派・日本神話派(栗田英彦)
 親鸞とマルクス主義――佐野学の思想経験を中心に(近藤俊太郎)

まとめと展望(近藤俊太郎・名和達宣)

あとがき――課題としてのX(名和達宣)

執筆者紹介

著者紹介:
石井 公成(イシイコウセイ)
1950年生まれ。専攻は仏教とその周辺文化。駒澤大学教授。主な著書に『東アジア仏教史』(岩波新書、2019年)がある。

近藤 俊太郎(コンドウ シュンタロウ)
1980年生まれ。専攻は仏教史学。本願寺史料研究所研究員、龍谷大学非常勤講師。主な著書に『天皇制国家と「精神主義」――清沢満之とその門下』(法藏館、2013年)がある。

名和 達宣(ナワタツノリ)
1980年生まれ。専攻は日本近代思想史・真宗学。真宗大谷派教学研究所所員。主な論文に「親鸞教学と京都学派の交流する場所――曽我量深を基点として」(『宗教哲学研究』第37号、2020年)がある。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2021/01/14