書誌詳細

真宗門徒の生活に自信を持とう
宮城 顗著
四六判 102頁 2019.06
978-4-8318-7918-9 法蔵館
税込1,080円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
真宗門徒の生き方とは、立派になるのではなく、どこまでも支えてくれる確かな道に出会うということ。大きな字の読みやすい一冊。

目次:

「安心してもだえてこれます」
不安がいのちだといえる人生
答えを学ぶのではなく、問いを学ぶ
愚かな自分を支えてくださる道
「もとの阿弥陀のいのちへ帰せよ」
傲慢な生き方に気づかされる
他力の生活、自力の生活
この身にいただいている深くて大きないのち
 Ⅱ
父と母を縁としていただいた、いのち
自の業識を内因として生を得る
自分のあり方を教えられて生きる道
お経をいただく意味
悲歎の心と恭敬の心
一人でいるのは寂しい
キャッチボール
「親に三種の親あり」
念仏の道

あとがき……黒田進(真宗大谷派満立寺前住職

著者紹介:
1931年、京都市に生まれる。大谷大学文学部卒業。大谷専修学院講師、教学研究所所員、真宗教学研究所所長を歴任。真宗大谷派本福寺前住職。九州大谷短期大学名誉教授。2008年11月21日逝去。
主な著書は、『宮城顗選集』全17巻、『正信念仏偈講義』全5巻、『“このことひとつ”という歩み―唯信鈔に聞く―』『後生の一大事』『念仏が開く世界』(法藏館)など。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/07/16