【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

書誌詳細

やわらか子ども法話
心に響く3分間法話
桜井俊彦著
四六判 94頁 2017.05
978-4-8318-8978-2 法蔵館
税込1,080円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
仏さまの教えに基づくやさしい心やあたたかい心を記した、二頁で一話の短編法話集。子どもにも、そして大人にも読んでもらいたい、「おもいやりの心」「一休さんの話」「もったいない」「いのちより大切なもの」「いただきます」「亀は万年」「がんばって」「十円玉の話」「ありのままで」「卒業」などの38話を収載。日曜学校や仏教保育の現場、子どもへのプレゼントに最適。

目次:
おもいやりの心 
   おもいやりの心
   一休さんの話
   もしエラーがなかったら
   笠地蔵の話
   「休」という字の意味
   トマトとメロン
   呼吸は神さま?
   いろは歌
   もったいない
  
あしあと
   あしあと
   グッドバイ
   そばを切るコツ
   いのちよりたいせつなもの
   いただきます
   アンダースタンド
   沖縄サミットの裏話

亀は万年
   亀は万年
   おばあさんのささげもの
   がんばって
   負け続けたハルウララ
   なやみの氷がとけて
   形のない世界遺産
   五個のシュークリーム
   十円玉の話

足るを知る
   足るを知る
   ビジネス
   イナバウアーでとった金メダル
   ありのままで
   粕と糠
   アクセルのない車
   東日本大震災

あずかりもの
   あずかりもの
   ぜんざいの話
   共命鳥
   金メダルの裏話
   たれが風を見たでしょう
   休 養
   卒 業

あとがき

著者紹介:
1951年(昭和26年)、石川県中能登町明泉寺に生まれる。國學院大学文学部卒業後、東方学院研究会員として24年間学院長中村元博士の指導を受ける。1979年、南ドイツのフライブルク大学留学。1992年、東京仏教学院本科修了。2008年、宗教法人真々園園主に就任し、現在に至る。
月刊誌『真仏教』(真仏教協会)の編集を経て、現在、機関誌『真々園だより』の編集発行人。
主な著書に、『インド仏跡ガイド』(法藏館)。「よき同朋とともに、ひたすら「南無阿弥陀仏」六十周年を迎えた「真々園」」(『現代宗教評論』第2号、たちばな出版)。その他、『真々園だより』に掲載稿多数。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/07/20