【台風21号、北海道地震の影響による配達遅延について】
各地で発生しております台風、豪雨、地震により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りしております。
各地の被害状況により配送遅延が発生する恐れがあります。また、一部地域は荷受け停止となっております。到着日指定、お急ぎのご注文などご希望を承れないことがございます。
何かとご不便をお掛けする事と存じますがご理解ご了承いただけますようお願い申し上げます。

書誌詳細

仏教の救い 5
池田勇諦著
B5 112頁 2018.04
978-4-8330-2129-6 北國新聞社
税込1,080円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
真宗大谷派講師である著者による連続仏教講座を収めたシリーズがついに完結。人が犯す罪の問題と、「悪人こそが救われる」という浄土真宗の要について説く。阿弥陀の本願の救済は、人間の行為の良し悪しによって左右されることのない無条件の救済であり、念仏は「偽」なる私の正体を徹頭徹尾照らし出す。真宗はその光を仰いでいく歩みと語る。真宗の真髄を明らかにする1冊。

目次:
王舎城の悲劇(前巻までの流れ)

第13講 罪と罰―真宗仏教は人が犯す罪をどうとらえるのか

第14講 提婆尊者―悪逆があったればこそ本願が開顕された

第15講 悪人成仏―あなたは悪人ですか、善人ですか

あとがき

著者紹介:
1934(昭和9)年三重県桑名市に生まれる(父は小松市瀬領町出身)。東海同朋大学(現・同朋大学)仏教学部卒業。大谷大学大学院博士課程満期退学。同朋大学教授、同・学長を歴任して、現在は同朋大学名誉教授。真宗大谷派「講師」。三重教区・西恩寺前住職。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/09/21