◆法藏館刊行書籍以外のお取り扱いについて◆
他社様(法藏館以外)刊行書籍につきましては、取寄せとなる場合がございます。
取寄せには約2週間お時間を頂戴することもございます。
恐れ入りますが、何卒ご理解、ご了承くださいますようお願い致します。

書誌詳細

改革の流儀
真宗王国に生かされて
熊谷宗惠著
A5 183頁 2019.10
978-4-8330-2189-0 北國新聞社
税込1,650円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
真宗大谷派元宗務総長で金沢市・仰西寺前住職である著者が、「お東さん」改革に半生を捧げた自伝です。

10期にわたり宗議会議員を務め、宗務総長時代に親鸞聖人七百五十回御遠忌の準備と真宗本廟の御影堂、阿弥陀堂の大修理に尽力した半生を振り返った自伝は波乱万丈。
その中に、著者らしい改革の流儀が散りばめられています。

京都で半世紀に及ぶ「お東紛争」が終了した一方、金沢で本山への宗派経常費約1億8千万円が未納となっている問題が浮上するなど改革途上にあるのが現状。
こうした機をとらえて座談会を開き冒頭に据えました。

北國新聞連載「みちしるべ」などに掲載されたエッセー25編と法話も収録しました。

目次:
熊谷さんという人……真宗大谷派宗務総長・但馬 弘

第一章 座談会
第二章 波乱万丈、わが人生
第三章 北國新聞連載エッセーから
第四章 聖徳太子を仰いだ親鸞聖人(法話)

あとがき

著者紹介:
熊谷 宗惠(クマガイ ソウエ)
真宗大谷派元宗務総長。宗務顧問。1938(昭和13)年、金沢市生まれ。大谷大大学院修了。77年から2017年まで10期40年にわたって宗議会議員を務め、7期目に宗議会議長。03年から08年まで5年半にわたり第40代宗務総長。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2020/04/02