【送料改訂のおしらせ】

・2018年2月1日受注分より送料を改定させて頂きます。
 詳しくは、画面上のご利用案内から <注意事項> ★お支払い方法 をご覧ください。

・現在、雪の影響により配送の大幅な遅延が発生しております。
 着指定、至急のご依頼などご希望に添えない場合がございますが、
 何卒ご了承くださいますようお願い致します。

.

書誌詳細

子報恩講法話集 17
恩に気づく生きかた
淺田恵真、天岸淨圓著
B6 98頁 2017.11
978-4-86566-045-6 自照社出版
税込864円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
「恩」を感じにくくなった今、仏恩によってこそ、人が正しく”まこと”を心に宿す、お念仏を拠りどころとして生き方を語る。報恩講法話2篇。

目次:
念仏の教えにて中道を歩む…淺田恵真
 結婚式の忌み言葉に思う
 とある結婚式と「白骨の御文章」
 友人の死によって諸行無常を体験
 有・無に執らわれない中道の生き方
 阿弥陀さまにおまかせすることが中道を歩む道
 
恩を知るということ…天岸淨圓
 恩という言葉が聞かれなくなった
 恩を感受する手立て
 慈悲という仏さまの生き方
 自分を拠りどころとして生きている
 支えられてきた人生を有り難いと受けとめる
 無慈悲の凡夫に気づく
 恥ずかしさの気づきと方向転換
 仏さまが、今、はたらいてくださる
 南無阿弥陀仏が私の心に入る

あとがき…赤井秀顕

著者紹介:
【淺田恵真】
1945(昭和20)年生まれ。本願寺派勧学、龍谷大学名誉教授(博士文学)、大阪教区天野南組因念寺住職。

【天岸淨圓】
1949(昭和24)年生まれ。本願寺派布教使、行信教校講師、大阪教区東住吉組西光寺住職。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2018/02/19