【お客様へ】

只今発送が大変混み合っております。
在庫がございましても、出荷に少々お時間を頂戴しております。
何卒ご了承下さい。

◇『お坊さんでスクールカウンセラー』 坂井祐円先生がNHKラジオ「宗教の時間」出演◇
放送日時:本放送2019年5月 5日(日)8:30~ 9:00 NHKラジオ第二放送「宗教の時間」
       再放送2019年5月12日(日)18:30~19:00 NHKラジオ第二放送「宗教の時間」


書誌詳細

子梯實圓和上講話集 2
『歎異抄』師訓篇を読む 2 第三条・第四条・第五条・第六条より
梯實圓著
A5 203頁 2018.12
978-4-86566-061-6 自照社出版
税込2,160円
カートに入れる
 
 
 
 
 
 
唯円坊が親鸞聖人のみ教えを“命がけで聞き注した”『歎異抄』第一条から第十条までの師訓のご法語を、真宗の碩学・梯實圓和上が、ご本願への深い頷きとともに語る、七十歳代の渾身の講話集、全3巻の第2巻。

目次:
第三条
(1)~悪人正機説の源流~
  悪人正機は法然聖人の言葉
(2)~悪人正機のこころ~
  〈一〉仏教における善悪とは
  〈二〉大悲の必然としての救い
(3)~悪人正機の意義~
  〈一〉善悪を越えたさとりの世界
  〈二〉他力をたのむ悪人

第四条
~聖道門と浄土門~
 〈一〉慈悲のこころ
 〈二〉無力さゆえに開かれる浄土の慈悲

第五条
~孝養念仏について~
 〈一〉追善回向と仏教の回向
 〈二〉追善を越えた“世々生々の父母・兄弟”

第六条
~“弟子一人ももたず候ふ”について~
 〈一〉真実の師に出遇うということ
 〈二〉知識帰命の危険性
 〈三〉師と弟子の区別なく全てが仏の子ども

あとがき

著者紹介:
昭和2年(1927)生まれ。平成26年(2014)5月7日往生。本願寺派勧学、行信教校前校長、浄土真宗教学研究所元所長、大阪教区阿倍野組廣臺寺前住職。


商品合計: 0-
荷送料: 0-
代金引換手数料: 0-
お支払い総額: 0-
RSS Feed Widget

法藏館は慶長年間より創業し、2011年に400年を迎えました。「法藏を開き、功徳の宝を施さん」の精神に則り歩んでまいりました。 仏教文化を普及させるために、これからも積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

最終更新日:
2019/05/17